無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「セキュリティーは“犬”と“光”?」

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「セキュリティーは“犬”と“光”?」

 「セキュリティーは“犬”と“光”?」

 一戸建てを建てたら犬を飼いたいと言う人が多いのです。実際に大好きな犬の為に家を建てた人もいるほどです。この犬がまたセキュリティーの役割になるのです。犬の居る家やその付近の家に、キャンキャンわんわんと吠えられながら入る泥棒はいないのです。
 そして夜はとにかく明るくすることです。電気容量の少ないLEDの常夜照明か、熱感知フラッシュランプ等を家の四隅に取り付けます。最近は太陽光利用の蓄電池式の照明も多く出回っています。

写真3:僅かに分かる防犯フィルムの継ぎ目(写真天野彰)
■写真3:僅かに分かる防犯フィルムの継ぎ目(写真天野彰)

 「防犯フィルムと二重サッシ」
 さらに地震等の際にも役立つガラス飛散防止防犯フィルム(写真3)や、割れにくい防犯ガラスや、入るのに面倒な二重サッシや二重ドアなども効果的です。
 マンションなどの外壁にシャッターや面格子などを付けられないときは、内側に取り付けられる可動式の内格子(写真4・5)などもあります。

写真4:【防衛くんー日本ロックサービス】可動式内格子ロック状態(写真天野彰)
■写真4:【防衛くんー日本ロックサービス】可動式内格子ロック状態(写真天野彰)

写真5:【防衛くんー日本ロックサービス】可動式内格子全開(写真天野彰)
■写真5:【防衛くんー日本ロックサービス】可動式内格子全開(写真天野彰)

 これなら外から仰々しく目立たず、しかもサッシやガラスが壊されてもそれ以上は侵入されません。

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表