無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. スウェーデン式サウンディング試験結果の判定について

住宅関連記事・ノウハウ

地盤品質判定士 千葉由美子 スウェーデン式サウンディング試験結果の判定について

スウェーデン式サウンディング試験結果の判定について

 前回、調査結果の見方を紹介したので、今回は試験結果の判定について説明します。

 平成13年に「国土交通省告示第1113号第2項」で、「地盤の許容応力度を定める方法」が提示されました(インターネットで「告示1113号」を検索すると出てきます)。
許容応力度とは、地盤の強さを示す数値で、この数値が建物の重さを上回れば建物を支えられ、下回れば建物を支えられない となります。
 式は(1)式から(3)式まであり、SWS試験で得られるNswは(3)式で使えます。

 (3)qa=30+0.6Nsw 

  qa…地盤の許容応力度(kN/m2
  Nsw…基礎の底部から下方2m以内の距離にある1mあたりの半回転数(最大値150)の平均値

 表1
 ■表1:基礎の底部を地表面から-50cmとした場合

 表-1を例にすると、基礎の底部を地表面から-50cmとした場合、
 qa=30+0.6((16+4+12+12+12+12+16+12)/8)=37.2(kN/m2)
となります。
 小規模建築物ならば、m2当りの重さはだいたい20kN~30kNです。そうすると、
 37.2kN/m2(地盤の強さ)≧30kN/m2(建物の重さ)
 となり、地盤の強さの方が勝るので、「建物を支えられる」となります。

 しかし、基礎底部より下に自沈層がある場合は別の検討が必要で、そのことが告示でただし書きされています。どういうことかというと、おもりの重さのみで自沈する層(0半回転)があっても、qaは30kN/m2以上となるからです。つまり、どんな地盤も30kN/m2以上の強さがある、ということになってしまうのです。そのため、自沈層の評価は改めて慎重に行うように、ということです。

 では、自沈層がある場合はどう判断したらよいか、次回ご説明いたします。

 「地盤」があなたの家を強くする! 地盤品質判定士 千葉由美子(ジオテック株式会社)
 ★地盤に関する専門情報を公開中「住宅じばん事典」もご覧ください。

関連記事

地盤品質判定士 千葉由美子地盤品質判定士 千葉由美子

地盤品質判定士 
千葉由美子

 ジオテック株式会社 / 地盤品質判定士
 学生時代は造園土木工学を専攻。就職先の建設会社で試験室へ配属になり、材料試験(建設発生土、再生砕石等)や土木工事(道路・堤防)の試験業務に携わる。様々な現場で試験を行ううちに、土が持つ複雑な特性に興味を持ち、2007年に地盤調査会社のジオテック株式会社へ入社。以後、宅地調査部で判定業務に携わる。2013年、公益社団法人地盤工学会等が発起人となって創設された資格制度の「地盤品質判定士検定試験」に合格。現在は地盤品質判定士としても活動する。