無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. スウェーデン式サウンディング試験結果の判定について(2)

住宅関連記事・ノウハウ

地盤品質判定士 千葉由美子 スウェーデン式サウンディング試験結果の判定について(2)

スウェーデン式サウンディング試験結果の判定について(2)

 今回からは自沈層がある場合の判定について説明しますが、まずは試験結果を利用した算出式を紹介します。

 自沈層とは、おもりの重さのみで沈んでしまう層(0半回転)のことです。第2回で試験方法について述べておりますが、おもりは5kgから始まり100kgまで6段階あって、段階ごとに沈まないかを確認しながらおもりを増やしていきます。 つまり、自沈層には6段階の弱さがあるのです。
 例えば、同じ0半回転でも、75kgまでは耐えられた時と、25kgまでしか耐えられなかった時を想像してもらうと、強さに差があることをイメージしやすいかと思います。

 では、自沈層の評価はどのようにして行えるのでしょうか。
 実は、自沈層の評価方法はこれと定められているものはなく、いくつかの式が推奨されています。
 日本建築学会が発行している「小規模建築物基礎設計指針」では、
   qa=30Wsw + 0.64Nsw  という式を推奨しています。
 これは、告示の(1)式を発展させた式で、Wsw(荷重)をかけることによって、おもりの重さを考慮する式となっているのです。

 例えば、表-1を例にすると、基礎の底部を地表面から-50cmとした場合、
   qa=30((1+1+1+1+0.75+1+1+1)/8) + 0.64((8+8+0+8+0+0+16+0)/8) = 32.3(kN/m2) となります。
 他に、住宅地盤品質協会が推奨する、
   qa=30Wsw + 0.60Nsw
 という式は、日本建築学会の式と告示の(3)式をもとにしたものとなっています。

 しかし、これらは支持力の目安であり、別途、地形の考慮や沈下の検討が必要なのです。
 次回は、算出された数値のみでは判断できない、地形を考慮した判定を紹介します。

 試験結果から、自沈層と判断する計算式とは
 ■表-1:スウェーデン式サウンディング試験結果表

 「地盤」があなたの家を強くする! 地盤品質判定士 千葉由美子(ジオテック株式会社)
 ★地盤に関する専門情報を公開中「住宅じばん事典」もご覧ください。

関連記事

地盤品質判定士 千葉由美子地盤品質判定士 千葉由美子

地盤品質判定士 
千葉由美子

 ジオテック株式会社 / 地盤品質判定士
 学生時代は造園土木工学を専攻。就職先の建設会社で試験室へ配属になり、材料試験(建設発生土、再生砕石等)や土木工事(道路・堤防)の試験業務に携わる。様々な現場で試験を行ううちに、土が持つ複雑な特性に興味を持ち、2007年に地盤調査会社のジオテック株式会社へ入社。以後、宅地調査部で判定業務に携わる。2013年、公益社団法人地盤工学会等が発起人となって創設された資格制度の「地盤品質判定士検定試験」に合格。現在は地盤品質判定士としても活動する。