無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1532 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 68件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOME注文住宅のハウスネットギャラリー
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 家庭用蓄電池の真のメリット知る

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社家庭用蓄電池の真のメリット知る

【1】家庭用蓄電池について

壁に設置された蓄電池設備とパワコン
<壁に設置された蓄電池設備とパワコン>

家庭での蓄電池設置が近年増加していますが、その機能や隠れたメリットについて詳しく知っている方は意外と少ないかもしれません。多くの人が「環境に良さそう」「光熱費を削減できるかも」といった漠然とした理由で興味を持っています。

実際、家庭用蓄電池には経済的なメリットが大きく注目されがちです。基本的には、「夜に発電した電気を蓄えて、日中の電力消費が多い時間に使用する」という使い方をします。これは、電力料金が日中高く、夜間に安くなる料金設定に基づいています。この料金差を利用することで、「昼の高い電気料金から夜の安い電気料金を差し引いた分だけ光熱費を節約できる」とされています。

しかし、光熱費の削減は一概に予測することが難しく、実際の節約額は変動します。これは、電気料金が地域や契約内容によって異なること、家庭ごとの日常の電力使用量が違うことなどによります。そのため、蓄電池を「毎月の光熱費をいくら節約できるか」という確実なリターンを期待して設置することは難しいのです。さらに、蓄電池の初期設置費用は安いとは言えず、その費用対効果を見極めることは重要です。

蓄電池の経済的メリットだけに焦点を当ててしまうと、「大きな投資に見合うメリットを感じられない」という結果になる可能性もあります。

【2】家庭用蓄電池メリット

ホームパーティーを楽しむ家族
ホームパーティーを楽しむ家族

メリットについて見ていきましょう

【3】安定した電力供給

エアファーム 家庭用蓄電器 設置例"
エアファーム 家庭用蓄電器 設置例

  • 停電時も安心
  • 家庭用蓄電池を導入することで、停電や災害時でも電力を供給することが可能です。これにより、ライフラインが途絶える心配がなく、日常生活を安心して送ることができます。

  • 需要ピーク時の電力コスト削減
  • 夜間や太陽光発電の発電量が多い昼間など、電力が安価な時に蓄電し、高価なピークタイムに使用することで、電力コストを削減できます。

【4】再生可能エネルギーの最大活用

エコハウスと緑と空
エコハウスと緑と空

  • 太陽光発電との相乗効果
  • 家庭用蓄電池は、太陽光発電システムと組み合わせることで、生成した電力を有効活用することができます。余剰電力を蓄電し、必要な時に使用することができるため、エネルギーの自給自足が可能になります。

    • 環境に優しい生活
    • 再生可能エネルギーの利用を促進することで、化石燃料の使用量を減らし、CO2排出量の削減に貢献します。これにより、環境に優しい持続可能な生活を実現することができます。

    【5】不動産価値の向上

    新築住宅(一戸建て・二階建て)
    新築住宅(一戸建て・二階建て)

    • 将来への投資
    • 家庭用蓄電池の導入は、不動産の付加価値を高める要素の一つとなります。エネルギー自給自足が可能な住宅は、将来的にも高い評価を受けやすく、投資としての価値が高まります。

    • 資産価値の維持
    • エネルギー効率の良い住宅は、長期的に見ても価値が減少しにくい傾向にあります。家庭用蓄電池は、そのような資産価値の維持に貢献する重要な要素です。

    【6】エネルギーコストの削減

    家計を守るお母さん
    家計を守るお母さん

    • 家計への負担軽減
    • 電力のピークタイムに市場から電力を購入する代わりに、蓄電池からの電力を使用することで、電気料金を大幅に削減することができます。これは家計にとって大きなメリットとなります。

    • 自己消費率の向上
    • 自宅で生成した電力を自宅で消費することで、自己消費率が向上します。これにより、余剰電力の売電に依存することなく、エネルギーコストの削減が可能になります。

    【7】緊急時の電力確保

    蓄電池設備
    蓄電池設備

    • 自立運転の実現
    • 災害などで外部からの電力供給が途絶えた場合でも、蓄電池があれば一定期間、電力を供給し続けることができます。これにより、緊急時における生活の安定を図ることが可能です。

    • 安心のバックアップ
    • 家庭用蓄電池は、停電時にも重要な機器を稼働させるための安心のバックアップとなります。特に、医療機器を使用する家庭にとっては、このメリットは計り知れません。

    【8】デメリット

    落ち込む家族
    落ち込む家族

    デメリットについて見ていきましょう

    • 初期費用の高さ

    財布を持つ夫婦(お金・貯金・カップル・悩む・考える)
    財布を持つ夫婦(お金・貯金・カップル・悩む・考える)

    • 高額な設備投資
    • 家庭用蓄電池の導入には、バッテリーシステムの購入費用や設置費用がかかります。初期投資が大きいため、導入を決断する際には費用対効果を慎重に検討する必要があります。

    • 回収期間の長さ
    • 初期費用が高額であるため、その費用を電力コストの削減によって回収するには、長期間が必要となる場合があります。投資回収期間を明確に理解し、計画的な導入が求められます。

    【9】メンテナンスの必要性

    • 定期的な点検とメンテナンス
    • 家庭用蓄電池は、長期間安定して使用するために定期的な点検やメンテナンスが必要です。これには追加の費用や手間がかかります。

    • 耐用年数と性能の低下
    • 蓄電池は使用するにつれて性能が低下し、最終的には交換が必要になります。耐用年数や性能の低下を考慮した上でのコスト管理が求められます。

    【10】空間の制約

    壁に設置された蓄電池設備とパワコン
    壁に設置された蓄電池設備とパワコン

    • 設置スペースの必要性
    • 家庭用蓄電池は比較的大きな設備であり、設置するためには十分なスペースが必要となります。限られた空間を有効に活用するための工夫が求められます。

    • 設置場所の選択
    • 蓄電池の設置場所は、安全性やアクセスのしやすさ、環境条件を考慮する必要があります。適切な設置場所を見つけることが、時には挑戦となる場合があります。

    【11】技術的な進化による陳腐化

    • 技術の進歩と更新
    • 蓄電池技術は日々進化しており、導入後も新しい技術やより効率的なシステムが登場する可能性があります。このような技術の進歩によって、既存のシステムが陳腐化するリスクがあります。

    • 継続的な投資の必要性
    • 技術の進化に伴い、システムのアップデートや交換を行う必要が生じる場合があります。これには追加の費用が発生し、継続的な投資が必要となることがあります。

    【12】環境への影響

    • バッテリー廃棄物の問題
    • 家庭用蓄電池の寿命が尽きた際の廃棄は、環境に悪影響を及ぼす可能性があります。バッテリーの適切なリサイクルや処分方法について考慮する必要があります。

    • 製造過程の環境負荷
    • 蓄電池の製造過程で排出されるCO2やその他の環境負荷は、環境への影響を考慮する必要があります。環境に優しい生産方法の選択が重要となります。

    【13】まとめ

    快適なマイホーム・リビングで遊ぶ家族イメージ
    快適なマイホーム・リビングで遊ぶ家族イメージ

    このように、家庭用蓄電池には多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。導入を検討する際には、これらの点を総合的に考慮することが重要です。特に災害時にお仕事の都合で家を空けなければならない立場のみなさまこそ、災害時に留守を守る家族のため、経済的効果に惑わされず家庭用蓄電池を導入すべきです。

    ハウス仲人が家づくりの不安を解決!

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。

CATEGORIES

絶対に後悔・失敗しないためのハウス仲人

2024年人気住宅会社ランキング

THEME RANKING

PHOTO GALLERY