無料新規会員登録

会員登録してお気に入りの
写真を保存しよう!

\登録は簡単!無料です♪/

今すぐ登録する

登録せず、写真一覧へ戻る

会員登録すると嬉しい機能がいっぱい!

  • 家づくりの要望整理に役立つ
  • 施工会社の独自評価を見て選べる

掲載情報件数

完成事例 1514 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 68件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOME注文住宅のハウスネットギャラリー
  2. 「子供部屋」事例写真一覧

子供部屋:事例写真一覧Case gallery

更新日:2024年5月16日

写真カテゴリーを選択

254件あります(1 - 60件目を表示)

業界20年以上のプロにあなたの
家づくりを質問できちゃいます!

ハウス仲人に相談

注文住宅で子供部屋は必要?持たない選択肢も

注文住宅を建てるときに意外と悩むのが「子供部屋」です。子供部屋は、建ててから失敗したな〜と思われることも多く、子供の数や年齢差、生活スタイルによって必要性が大きく変わるため、判断が難しいことが原因の一つではないでしょうか。

近年、あらゆる部分で多様化が進んでいますが、家族のカタチというものもどんどん変化しています。少し前までは当たり前に子供部屋を作っていましたが、最近の生活スタイルを見てみると、子供が小さいうちはリビングで勉強することが多く、思春期の頃になってもリビング学習の方が捗る、という声も多く聞かれます。
さらに、子供が独り立ちした時には不必要な部屋になってしまうため、最近では敢えて子供部屋を作らない、という選択をするご家族もいらっしゃいます。

しかし、思春期になると、一人の空間を必要とする可能性が高いため、広くはなくても子供の居場所として部屋を用意しておくのも一つの考え方でしょう。

子供部屋に適した広さは?

子供部屋の広さは家庭によって変わりますが、だいたい4~8畳程度で作られることが多いです。
一般的な建売住宅で採用されやすいのは6畳の子供部屋ですね。6畳あれば、ベッドと学習机を置くことができ、収納スペースも確保できます。タンスや本棚を置いてもまだ余裕があるため、広々と使うことができるでしょう。

部屋数は2部屋設けられることが多いですが、最近では1つの大きな部屋を作り、子供が大きくなってきたら仕切りを作って2部屋にする、といったパターンも増えています。1つの大きな部屋にすれば、子供が出ていったあとにセカンドリビングや夫婦の趣味の部屋としても使い勝手がよくなりますよね。

実際、子供部屋を使うのは小学校高学年〜高校生・大学生くらいまでで、10年前後であることが多いです。そのため、敢えて子供部屋を作らず、メインスペースであるリビングや寝室を広く取るという考えもあります。

40年、50年と長く住む家で、子供部屋に広いスペースを確保する必要があるのかをじっくり検討しましょう。

子供部屋の用途によって間取りを変える

子供部屋は、子供1人に対して1部屋が割り当てられることが多いですが、そうなると家を建てた後に子供ができた場合、部屋が足りなくなってしまいます。また、子供がすでに3人いるけど、3部屋確保することが難しい・・・といったことも考えられます。
その場合、子供部屋を用途によって使い分けることを視野に入れてはいかがでしょうか。

一つの部屋は子供の遊び場として、もう一つの部屋は子供の寝室として使うなど、用途で部屋割りをすれば、子供の人数は関係ありません。

近年は、リビング学習やスタディコーナーなどの普及で、子供が家族と一緒に過ごしながら勉強をする、といった考え方が広まってきています。独立した子供部屋ではなく、リビングの一角を子供用のスペースにしたりと、自由設計により様々な間取りが出てきていますよね。

とはいえ、思春期の頃には自分だけの空間があった方がいいと、6畳の子供部屋を作るご家庭もたくさんいらっしゃいます。

子供部屋を作るときの注意点

では、子供部屋を作るときの注意点について見ていきましょう。

間仕切りにすると音の問題も

子供部屋を一つの大きな部屋にして、子供が大きくなってから間仕切りを作って2部屋にするパターンが増えています。壁が作れるのであればいいかもしれませんが、仕切りだけとなるとやはり気になるのが音の問題です。どちらかが受験勉強中なのに、横で友達と長電話されたら集中できなかったり、好きな時に音楽が聴けないといった不満も出てくるかもしれません。
また、部屋を分けている場合でも、子供部屋が隣り合っていると音や声が漏れてしまう可能性が高いです。子供部屋でもプライバシーを確保できるように、間取りを工夫しましょう。

収納が足りないことがある

子供部屋は意外と収納するものが多いです。洋服以外にも、学校の持ち物や教科書、部活をしていたら部活関連の用品もあるでしょう。本やゲーム、音楽などの趣味があれば、さらに物は増えます。子供部屋についている収納は、服の出し入れをメインとした、1畳にも満たないスペースであることが多いです。クローゼットに入りきらないものは、部屋にあふれてしまい、それらをしまう収納用品を置く必要があるため、場所も費用的にも圧迫されます。

初めからできるだけ大きめの収納にしておく、納戸など荷物置き場を用意しておく、家族用のクローゼットを大きめに設計しておくなど、収納スペースの確保も忘れないようにしましょう。

子供部屋の用途によって間取りを考える

子供部屋は、将来の子供の性格や状況に大きく左右されるため、なかなか間取りを決めることが難しいです。とりあえず2部屋の子供部屋を確保しておこう、と考えるのも一つですが、その場合は子供部屋として使わなかった時の用途も検討しておくと部屋が無駄にならずに済みます。

また、子供部屋を勉強部屋、遊ぶ部屋、寝室など、用途によって部屋数や広さを決めることも一つの方法です。子供の性別や年齢差なども考慮して、さまざまな可能性を視野に入れて検討しましょう。

子供部屋Point

    子供が健やかにのびのび育つよう、子供部屋(キッズルーム)にもこだわりたいもの。ここでは、そんな「子供部屋」を遊び心溢れる空間にした写真を集めました。子供の成長に合わせて自由に空間を仕切れる工夫や、ロフトを隠し部屋のように使うことや、滑り台を取り入れたアイデアなど、楽しい子供部屋をつくる参考になること間違いありません。実用性のある収納や勉強机に至るまでこだわり抜かれた子供部屋から、あなたのお気に入りの「子供部屋」を見つけて、簡単に写真を保存することもできます。そんな子供部屋にこだわった家づくりを検討されている方は、専門家がおすすめする住宅会社をご紹介することも可能です。ご希望の方はこちらからどうぞ。

実績豊富な約190社から無料で住宅会社紹介

THEME RANKING

テーマ別 完成事例Theme Gallery

会員ログイン

メールアドレス
パスワード

マイページ登録がお済みでない方

マイページ登録はこちら

マイページでは、お気に入りの事例や写真を保管したり、住まいの相談窓口でアドバイスを受けたり、楽しい家づくりを進めるための様々な情報やサービスをご用意しています!