無料新規会員登録

会員登録してお気に入りの
写真を保存しよう!

\登録は簡単!無料です♪/

今すぐ登録する

登録せず、写真一覧へ戻る

会員登録すると嬉しい機能がいっぱい!

  • 家づくりの要望整理に役立つ
  • 施工会社の独自評価を見て選べる

掲載情報件数

完成事例 1514 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 68件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOME注文住宅のハウスネットギャラリー
  2. 階段
  3. 「リビング階段」事例写真一覧

リビング階段:事例写真一覧Case gallery

更新日:2024年4月11日

写真カテゴリーを選択

業界20年以上のプロにあなたの
家づくりを質問できちゃいます!

ハウス仲人に相談

77件あります(1 - 60件目を表示)

業界20年以上のプロにあなたの
家づくりを質問できちゃいます!

ハウス仲人に相談

リビング階段はなぜ人気?

近年、注文住宅を建てる際に「リビング階段」を選択するご家族が増えています。リビング階段が人気の理由は、大きく「オシャレさ」と「コミュニケーションの取りやすさ」でしょう。
リビング階段は、家の中でもっとも広いリビング内に作られ、インテリアとしても大きな役割を果たします。階段がオブジェのようにたたずみ、リビングのアクセントとして機能するのです。また、リビングと子ども部屋をつなぐ階段は、子どもとのコミュニケーションにも大きな効果をもたらします。

家族間でのコミュニケーションが重視される昨今では、リビング階段を選択する方が増えているのも納得かもしれませんね。

リビング階段にするメリット

リビング階段と従来の廊下に作られる階段とは、どのような違いがあるのでしょうか。リビングに階段を設置することで得られるメリットについて、具体的に見ていきましょう。

家族間でのコミュニケーションが生まれる

リビングに階段を設置することで、2階にある部屋にいく際にも必ずリビングを通ることになりますよね。それによって、家族の動向が把握でき、家族間でのコミュニケーションが取りやすくなります。
子どもが思春期になった時にも、帰宅したらまずリビングを通ることになるため、一日顔を合わせない、といったことも避けられるでしょう。

開放感が出る

リビング階段は設置部分が吹き抜けになるため、リビングに開放感が出やすくなります。吹き抜けとの相性がいいリビング階段は、狭小住宅など部屋を広く見せたい方にも人気が高いです。
特にオープン階段(階段の骨組みと段板のみで作られている階段)にすれば、視界をさえぎる部分が少なくなり、より開放感を演出できるでしょう。

リビングを広くできる

従来の一軒家は、廊下に階段をつくるケースが多く、廊下にスペースが必要になるため、リビングもしくは他の部屋のスペースを削る必要がありました。リビング階段にすれば廊下のスペースは必要なくなるため、リビングの広さを確保できます。
空間を最大限活用し、無駄のない家づくりをしたい方にとっても、リビング階段はおすすめですよ。

インテリアのアクセントになる

リビング階段は、インテリアのアクセントとしても一役買ってくれます。
特にオープン階段といわれる、階段の骨組みと段板のみで作られている階段は、デザイン性が高く、個性が出しやすいところが人気です。ステップや手すりのカラー、素材などを工夫してオシャレにつくり上げることで、他とは違う映えるリビングにできますよ。

リビング階段にするデメリット

一方、リビング階段にするデメリットもいくつかあります。人気だからとあまり考えずに取り入れてしまい、住んでから後悔することもあるため、メリットだけでなくデメリットも考慮して、家族のスタイルに合ったカタチを選択しましょう。

エアコンが効きにくい

リビング階段にすることで、1階と2階に空間のつながりができるため、エアコンの効果は薄れてしまいます。特に暖かい空気は上に溜まりやすくなるため、冬場は寒さを感じやすくなるでしょう。
広い空間を暖める必要があり、エアコン自体のパワーも必要になるため、エアコンの本体代や電気代などコストはかさんでしまいます。

・床暖房をつけて足元を暖める
・天井にシーリングファンをつけて暖かい空気を循環させる
などの工夫で、寒さやコスト対策をする必要があるでしょう。

匂いや音が気になりやすい

リビング階段は1階とつながっているため、音や匂いが2階まで広がりやすいというデメリットがあります。

キッチンでの調理の匂いが2階まで届くこともあるため、レンジフードを高性能にする、階段の位置をキッチンと遠ざけるなどの工夫が必要です。
また、音も響きやすいため、リビングでの生活音が2階まで聞こえたり、反対に2階での話し声がリビングまで聞こえることも。

家族の生活時間が合わない場合は、互いの生活音が気になってしまい、リビング階段がストレスに感じてしまうこともあるでしょう。
音を防ぐためには、階段に扉をつける方法がありますが、扉をつけるためには両サイドを壁で囲う必要があるため、デザイン性は劣ってしまいます。

プライバシーの確保がしづらい

家族とのコミュニケーションが取りやすいメリットがある反面、家族間でのプライバシーの確保がしづらい点がデメリットとして挙げられます。

特に来客時には、リビングを通らなければ2階に行けないということがデメリットに感じてしまうことが多いです。子どもの友人が来た際にリビングでくつろげない、部屋を綺麗に維持しなければならないといったストレスを感じてしまうかもしれません。

リビング階段Point

    最近お洒落な「リビング階段」に注目が集まっています。生活を豊かに、家族とのコミュニケーションを考えて家づくりをされる方が増えている中、リビング階段は非常に便利でデザイン性も高い空間を実現できます。何よりリビング階段は、階段スペースをリビングの中に組み込むため、スペースを有効的に利用することができます。特にスケルトン階段(オープン階段)が人気。まさに階段のための面積が最小限に済むため、リビングでも圧迫感なく移動ができます。またリビング階段があることで、視界が上下に広がりリビング自体を広く見せる効果も期待できます。そんなアイデア満載のリビング階段にこだわった住まいの写真ばかりを集めました。気になる写真は簡単に保存もできちゃいます。どうしても必要な階段をお洒落で快適な空間として取り入れる工夫をぜひ探してみてください。リビング階段を取り入れた家づくりを検討されている方は、専門家がおすすめする住宅会社をご紹介することも可能です。ご希望の方はこちらからどうぞ。

実績豊富な約190社から無料で住宅会社紹介

THEME RANKING

テーマ別 完成事例Theme Gallery

会員ログイン

メールアドレス
パスワード

マイページ登録がお済みでない方

マイページ登録はこちら

マイページでは、お気に入りの事例や写真を保管したり、住まいの相談窓口でアドバイスを受けたり、楽しい家づくりを進めるための様々な情報やサービスをご用意しています!