無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1521 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 74件 |建築家 15 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 地震のリスク(1)コロナ災禍が下火になって・・・?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 地震のリスク(1)コロナ災禍が下火になって・・・?

○今回のポイント 1 収納家具類は、天井から床まで倒れないように固定することが重要
○今回のポイント 2 収納がクッションになり、少しの逃げ道をつくることも

コロナ災禍もやや収束の兆し?が見えてきました。涼しくもなり秋の気配も感じられて、灯火親しむ候です。が・・・、さっそく関東地方を震度5強の直下地震が襲いました。幸い震源が80㎞と深く大きな被害は出ませんでしたが、これが阪神淡路地震のような浅いところで発生するとされている首都直下地震かと一瞬震撼としました。このコロナ災禍で忘れていた。もう一つの災禍です。秋になってもまだまだ災禍は終わっていないのです。

思い出される耐震偽装事件

考えてみればマンションブームに興じていた16年前の2005年秋11月18日、一瞬耳を疑う信じられないニュースに驚嘆させられたのです。あの耐震偽装です。その動機が行政民活の民間委託として行われ始めた建築確認代行の指定確認検査機関(1998年から)の審査の見落としに乗じ、計算書を偽装したと言うのです。
阪神・淡路などの大震災を体験し、さらに今後起こりうる大地震が騒がれている最中、耐震防災の意識とモラルの低下か構造設計専門の建築士が耐震強度の計算式を偽造してコストダウンを図っていたと言うのです。多くの人が住む集合住宅で、それらがそのまま施工され、鉄筋の少なさや柱梁のサイズや壁量など施工関係者の誰も気づかず?そのまま建ってしまったと言うのです。

今やルールと言うよりモラルとも言うべき建築基準法で、特にその構造は地震や災害から人の命を守るもっとも大切な基軸で絶対に妥協してはならないことです。しかしこれを教訓に建てる人々、さらに住む人の間に耐震と防災の意識が高まったのも事実です。が、今また高層のマンションが建ち始め第二のブームも起こっているようですが・・・、果たして「安全」「安心」は言葉だけのものになっていないか?を考える秋ですね。

収納に殺される?

このコロナの自粛で家の中を整理し、思い切ってモノを捨て日常の生活をすっきりさせて人生を身軽にされた方も多いはずです。これからの人生に何が必要で何か不要なのかをチェックすることです。しかしただ「収めて納める」だけでは溜まる一方で、住まいの体脂肪と同じです。

大地震などの災害時にはただ凶器になるだけです。都市直下型の阪神大震災やその後の中越地震ではタンスや本棚などの転ぶ家具や不要な物のために逃げ場を失い、亡くなられた方も多かったのです。タンスや書棚などは確かに物を立体的に整理することはできます。しかし倒れたときはその重量で逃げ道をふさぐばかりか、押し潰される危険もあります。

イラスト1:家具がなぜ倒れる?固い物で隙間を詰めれば建物と一体(画:天野彰)
<イラスト1:家具がなぜ倒れる?固い物で隙間を詰めれば建物と一体(画:天野彰)>

既成の家具は突っ張り棒ではなく、倒れないよう床から天井まで“すき間なく固いものをはめ込み”固定することが重要です。床、壁、天井に固定されていると家具そのものが倒れることなく中の物も建物と同じ周期で揺れるため飛び出してきません。

収納に助けられる?

しかも建物が最悪崩落した場合で収納家具が退避スペースをつくり出す可能性もあります。造り付けの収納は「究極の生存空間をつくる」のです。阪神・淡路大震災では、鉄筋のマンションや病院が数多く崩落しましたが、死傷者の数を抑えられたのはこうした生存スペースがあったように思われます。

写真:阪神・淡路震災どれが正しいか分からない?みな傾いた(写真:天野彰)
<写真:阪神・淡路震災どれが正しいか分からない?みな傾いた(写真:天野彰)>

写真:中越地震:家具の散乱(世田谷南ロータリー:高橋進氏撮影)
<写真:中越地震:家具の散乱(世田谷南ロータリー:高橋進氏撮影)>

もともと鉄筋コンクリートの建物は柱(壁)と梁によるラーメン構造で梁の高さ(梁背)は少なくとも50センチ以上あり、床との間に辛うじて小さな空間も生まれます。さらにこの梁の下に収納家具や机が押しつぶされても中身があり空間はゼロにはならず、運よく生存スペース生まれることもあるのです。

ま、災害時にいかに逃げやすいか、また逃げ遅れた時や、閉じ込められた時にどこに身を寄せるかのサバイバル・シミュレーションが重要です。

次回は「防災から減災」のお話でもしましょう。「灯火親しむ・・・」はも、少しお待ちください。

 *********************************************************

  ★プレゼントのお知らせ
  阪神・淡路大震災直後に出版いたしました拙著『地震に勝つ家 負ける家』(山海堂)を先着5名様にプレゼントさせていただきます。
  ご希望の方はこちらから

写真:『地震に勝つ家 負ける家』:著書/天野彰

 *********************************************************

★隔週最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ