無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1363 件 | ハウスメーカー 20件 | 工務店 62件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 住宅エコポイント!マイホーム計画のお金やあれこれ

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社住宅エコポイント!マイホーム計画のお金やあれこれ

1 住宅エコポイント工事対象期間短縮が決定
2 マイホームの計画は急ぐべきか、慌てないべきか
3 住宅ローン金利も見越して計画を建てましょう

1 住宅エコポイント工事対象期間短縮が決定

外観一覧より 施工会社ハウジングオペレーションアーキテクツ
外観一覧より 施工会社ハウジングオペレーションアーキテクツ

5月13日(金)午前9時に住宅エコポイント工事対象期間短縮が発表されました。2011年12月31日までの着工・着手から、2011年7月31日までの着工・着手に変更されます。

予算を消化した段階で終了せざるおえないのが、行政からの支援策。確かに、住宅エコポイントは制度開始以来、新築・リフォームを含め当初の想定を大きく上回る申請件数となり、「環境対応住宅の普及」という制度の目的が早期に達成される状況にはなりました。

ただ、期間の設定が絶妙。

建て替えなど、土地がある場合でもプラン確定後、建築確認申請から建築確認済証(建築確認通知書)が交付されるまで、約1ヶ月程度かかります。住宅ローン審査も準備と申請が進んでいて、すでに承認がおりていれば問題ありませんが、いまからローン審査の段取りも進めていくとなると、残された時間はさほどありません。リフォームでも建築確認申請を伴う場合は、同様に約1ヶ月程度の期間が必要。現在土地を所有しておらず、お気に入りの土地をいまから決めるとすると、土地の契約を進める一方で建築プランの打合せ~確認申請までも進めていく必要があるのです。

よって、私は終了予定日より前に終了したエコカー補助金や、対象商品のハードルが唐突に変わった家電エコポイントのときのような混乱が起きることがあり得る、とも考えておりました。ところが、住宅エコポイントの期間短縮については、エコカー補助金終了時や家電エコポイント終了時のようにメディアが大々的に訴求するわけでもなく、どちらかというと、大震災の後だからという納得できる=対応策を講じるための思考が停まる。そんな印象を受けています。

2 マイホームの計画は急ぐべきか、慌てないべきか

三井ホーム 名古屋支店【中部エリア】施工事例より
三井ホーム 名古屋支店【中部エリア】施工事例より

あわせて、現在では住宅・不動産を取得するときに必ず、といっていいほどお世話になる確率が高い住宅・不動産取得にかかる税金優遇は、現時点では断定できないものの、増税の噂があちこちで出始めました。資材価格も震災特需だけと言い切れない理由で、じわじわと値上がりしています。
※5月9日林野庁発表、合板価格調査結果(全国平均)によると、主に床板などに使う構造用国産針葉樹 厚さ24mm合板:構造用国産針葉樹厚さ24mmは、2,270円/枚(24×910×1820mm、国産、針葉樹、JAS製品)(5月2日比+60円)

マイホームの計画を進めている方にとって、今は急いだほうがお得です。ただし、いまから土地から探すとなると、スケジュールがほんとうにギリギリになってしまいますので焦らないでじっくり家づくりに取り組む、という考え方もあるのです。

自動車を例にあげると、エコカー補助金が終了した直後は混乱しましたが、各社が魅力的なクルマをラインアップしたことから、実質的なお買い得感はあまり変わらない、という事実もありました。自動車の例で考えると、案外慌てて建てなくて良かったぁということもありえます。

3 住宅ローン金利も見越して計画を建てましょう

外観事例写真一覧より 施工会社ヤマダホームズ
外観事例写真一覧より 施工会社ヤマダホームズ

ただし将来的にと考えていると、資材価格の高騰と税金優遇が終了し、さらに住宅ローン金利が上昇する可能性を考慮すべきです。今年度は、住宅ローン金利に影響する長期金利が1.0%台前半になる可能性が予測されておりますが、この傾向が来年度も持続するとはだれにもわかりません。銀行などの民間金融機関も、今年度は震災特需を見越して住宅ローンの大幅な減少はないのではないか?とも予測されていますが、来年度もこの傾向が持続するとは誰にもわかりません。

家を建てたほうがいいのか、ずっと賃貸で過ごしたほうが良いのか。これは、みなさまのくらし方によって大きく変わります。ただし買い時を逃すと、多少の税率変化や住宅ローン金利の変化で数百万単位で総支払額が変わるのが、家を建てるときの落とし穴。さらに、施工会社の選び方ひとつとっても、建てた後、リフォームしたあとの満足感は大きく変わります。

ご自身ですべて考えていくことも大切なことですが、家づくりで損をしないためには、売り手の立場によらない客観的な立場の専門家を交えて、買うべきか・買わずに様子を見るか。相談しながら進めていくことも大切なことなのです。

簡単予約!業界経験20年以上の専門家に相談できる!
簡単予約!業界経験20年以上の専門家に相談できる!

ハウスネットギャラリーのLINEの見積もり診断ならシミュレーションによる将来への資金計画を明確にでき、何か疑問点があれば無料通話と個別相談を簡単に予約できるのでおすすめです!

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。

CATEGORIES

絶対に後悔・失敗しないための家づくりコンシェルジュ

2023年人気住宅会社ランキング

THEME RANKING

PHOTO GALLERY