掲載情報件数

完成事例 1486 件 | ハウスメーカー 21件 | 工務店 84件 |建築家 16 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 完成事例「ガレージハウス」
  3. ガレージハウスの間取りや注意点・気になる費用を大公開!
  4. ガレージハウスで知っておきたいメリット・デメリット

ガレージハウスで知っておきたいメリット・デメリット

ガレージハウスとは、その名のとおり「ガレージ」が家の内部に組み込まれ、外に出なくても直接ガレージと繋がっている住宅のこと。理想のガレージハウスを注文住宅で建てようと考えている方に今回は、ガレージハウスのメリットとデメリットをご紹介します。ガレージハウスならではの注意点もあるため、しっかりメリットとデメリットを把握して検討しましょう。

掲載事例:「バイクのためのインナーガレージがある家」 株式会社ビルドアート

掲載事例:「バイクのためのインナーガレージがある家」 株式会社ビルドアート(こちら
生活空間とガレージを両立させた、バイク好きなお施主様のためのガレージハウス

ガレージハウスは車にもお財布にも優しいメリットがたくさん

大事な車が雨風にさらされない
ガレージは雨風をシャットアウトできるため、車を雨風から守ります。外にそのまま駐車するより綺麗な状態を保つことができます。

荷物の出し入れや介護の際にも動作がスムーズ
ガレージハウスの中でも、特に居住空間との繋がりを持たせたインナーガレージが人気です。その理由は車(ガレージ)から家への動線が簡略化されているため、雨の日でも濡れずに車や荷物の出し入れが簡単にできる点です。

お手入れ用の道具や外で使う器具なども収納しておける
ガレージハウスは車以外に、自転車やベビーカー、庭があれば園芸用具やアウトドア用品など家の中にしまうのが難しいものなどを楽に収納できるという点も非常に重宝します。

車を盗難や損傷の危険から守ることができる
必ずシャッターなどを付けて外から分離させるため、車に悪戯をされる心配が減ります。

駐車場を借りる必要がなく、定期的にかかる車の維持費をおさえられる
駐車場を借りると住宅ローンの支払い以外に、定期的な出費が増えることになります。その点ガレージハウスは、駐車場付きの家なため駐車場代はかかりません。

延床面積のうち、5分の1以下をガレージに割いた場合、そのスペース分は固定資産税から軽減
特に、都心部の狭小地ではとても大きなメリットといえるでしょう。土地の値段も高い都心部では狭小地という場合も多く、駐車場のない住宅では駐車場を別に借りた際の月々の支払もばかになりません。さらに固定資産税が軽減すれば長い目で見てもお得といえます。

ガレージハウスのデメリットは居住スペースが狭くなる点に注意

1階部分にガレージのスぺ―スがくるため、居住空間は削られる
広い敷地に家を建てる場合はそこまで気にならないかも知れませんが、狭小地ともなると1階のほとんどがガレージとなり、2階・3階が生活の拠点となります。スペースを上手に活用して建てるプランがガレージハウスでは望まれます。そのため、それなりに経験のある住宅会社でないと物足りないプランとなってしまうでしょう。ましてや生活してから狭いと感じることのないよう入念に計画することが必要です。

住宅が建った後で、自動車のサイズを大きくしたり、台数を増やすことはできない
ガレージのスぺ―スは限られます。建てた後で1台車が増えるからといっても容易には変更できません。その点は覚えておきましょう。

建築費用が高額になる場合がある
ガレージ部分の開口部が大きくなるため、建物の強度を保つことが必要となります。そのため木造でつくることは難しく鉄骨やコンクリートで建てる場合が多くなります。そのため、建築費用が高額になることが多いといえます。

換気設備や照明設備が必須
ガレージ内でエンジンをかける場合やメンテナンスをする場合など、居住空間に排ガスや各種オイル・ケミカル等の影響が出ないように、換気設備はしっかりしたものを検討することが重要です。また、ガレージは1階部分にあたるため車をメンテナンスする際などに照明(全体照明と部分照明)が必要不可欠です。居住空間以外のガレージにも気を使わなければならないという点で注意が必要です。

セキュリティ面でシャッターなど、外部との区切りが必要
ガレージハウスのガレージ部分は、もはや家の一部といえます。そのため、ガレージに誰でも出入りできるような構造にしておくことは安全の面から言っても避けるべき問題です。必ずシャッターを設け戸締りできるようにしておきましょう。

ガレージハウスだからこそ配慮すべき点が多くあります。検討の段階で、車のサイズは増えるのかは予測を立てておくことも非常に大切なことです。そうすることで、車のサイズに合わせて無理なく出入りができるよう入口を計算してつくることができます。前面道路の状況によっても変わりますが、余裕ある幅は確実に必要となります。また、大きなモノや大人数を乗せる予定のある場合は、普通乗用車で必要なスベースとなる全長6m超・幅や高さも2.5m程度は必要でしょう。車の台数もよくよく検討しておくことをおすすめします。

そんなガレージハウスを最大限楽しむ間取りのコツをまとめました。まず、ガレージといえば車を存分に楽しみたい方のための間取りのポイントです。(こちらから

▼ハウスメーカー・工務店・建築家の建てたガレージハウスの施工事例を50件以上集めました。ぜひご計画の参考にご覧ください。

カタログ請求