掲載情報件数

完成事例 1359 件 | ハウスメーカー 20件 | 工務店 62件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 完成事例を見る
  3. 狭小住宅

狭小住宅 特集

投稿日:2023年1月9日 / 更新日:2023年1月23日

狭小住宅の施工事例100件以上を掲載中。狭小とは思えないアイデア満載の事例からまとめて資料請求できます!建築費などの詳細情報は画像をクリック。

狭小住宅の施工事例やノウハウを集めたページです。狭小住宅ならではの採光や風通しの工夫、周辺とも近い距離の中でプライバシーを確保するアイデアなど、参考になる事例がたくさん掲載されています。気になる外観デザインや間取りの工夫など驚きのアイデアも必見!あなたのイメージにぴったりの狭小住宅を探して、資料請求できちゃいます!狭小住宅で気になる建築費用やプランのポイントなども公開中。事例の詳細ページでは、建築面積や坪単価、総建築費など、より詳しい情報をご覧いただけます。

狭小住宅 事例一覧

狭小住宅の施工事例100件以上を掲載中。狭小とは思えないアイデア満載の事例からまとめて資料請求できます!建築費などの詳細情報は画像をクリック。

153件あります(1 - 30件目を表示)

狭小住宅 記事一覧

成功する狭小住宅のポイント 100件以上の狭小住宅の実例から紹介!狭さを感じさせない間取りのコツや注意点を大公開

▼100件以上の狭小住宅の実例から紹介!狭さを感じさせない間取りのコツや注意点を大公開
成功する狭小住宅のポイント 100件以上の狭小住宅の実例から紹介!狭さを感じさせない間取りのコツや注意点を大公開

事例写真で見る 狭小住宅アイデア集

狭小住宅 階段

階段ひとつでも狭小と感じさせないアイデアは必見。階段も狭小住宅では、大事な空間の一部として活用できちゃいます。

狭小住宅 収納

狭いのに、どうやって収納を確保する!?と悩まれる方も多いはず。実際の狭小住宅の事例からデットスペースを活かした収納アイデアをピックアップしました。

狭小住宅 LDK

リビングは家族と過ごす大事な空間。狭いから居心地が心配…。そんなことを感じないくらい開放的な狭小住宅のLDK空間をご覧ください。

狭小住宅 バルコニー

狭小住宅ってバルコニー作れるの?狭いから物干しスペースもどう確保したらいいのか分からない・・・ここでは、プライバシーに配慮した狭小住宅ならではのバルコニーのアイデア空間をピックアップ。

狭小住宅 窓

近隣の視線が気になり、狭小住宅で大きな窓は遠慮してしまうもの。周りの視線を気にせずに狭小住宅ではどんな窓が設置されているのかをご覧ください。

狭小住宅とは?

狭小住宅とは、狭くて小さな土地に建てられる住宅のことです。

狭小住宅には具体的な定義はありませんが、15〜20坪以下の土地に建てられる住宅を狭小住宅と呼ぶことが多いです。
狭小住宅は都市部に多く見られ、特に人口密度が高い都市部で狭小住宅は一般的です。

狭小住宅のメリット

狭小住宅のメリットについて解説します。

土地代や税金が安い

土地の大きさが狭いため、土地代を抑えることができます。また土地の大きさによって変動する固定資産税や都市計画税等の税金が安く済みます。

利便性が高い

狭小住宅は都市部に集中しており、交通機関に近い場所に建てられることが多いです。
そのため、駅やバスを使うことで自家用車がなくとも生活できるケースもあります。

光熱費の節約

狭小住宅は、部屋のサイズが小さいため大きい部屋と比べて早く温度調整が可能です。
その結果冷暖房や照明に必要なエネルギーが少なく抑えられ、光熱費が節約できます。

狭小住宅のデメリット

狭小住宅のデメリットについて解説します。

建築費が高くなる

狭小住宅に家を建てる場合、面積が狭いため重機が入れない、足場が組みにくいことがあります。通常の住宅と比べて坪数の割に、人件費や建材輸送費が高くなる場合があります。

生活スペースが限られる

狭小住宅は、サイズが小さいため生活スペースが限られています。中でも収納スペースや、リビングや寝室が狭く感じやすいです。

換気や通風が悪い

狭小住宅は、サイズが小さいため換気や通風が悪くなることがあります。また、周辺住宅との距離が近く採光が悪い場所は洗濯物が乾きにくくなります。

家具や家電の選択肢が狭い

狭小住宅はサイズが小さいため、家具や家電の選択肢が狭くなることがあります。
広いスペースを持つ家具や家電を使用することができません。また、狭小住宅では家具を置くスペースが限られるため、収納スペースが少なくなることもあります。

プライバシーが保ちにくい

狭小住宅は、サイズが小さいためプライバシーが保たれにくいことがあります。家が狭い分、家族や同居人の目に頻繁にさらされるため、プライバシーを守りにくくなります。
特に家族が増えたり、子供が大きくなってきた時に「家が狭い」と不満を持つ人が多いです。

狭小住宅を建てる際の注意点

狭小住宅を建てる際の注意点を解説します。

防音対策

狭小住宅は、壁が薄かったり家同士が密集していることが多いです。家を建てる前から防音対策を行うことで騒音に悩まされることを防止できます。

地震対策

狭小住宅の多くは、縦に長い構造になります。家は高くなるほど安定力がなくなるため、地震が起こった時に揺れを感じやすくなります。
家を建てる前から、担当者と耐震について事前確認や相談を行うことが重要です。

収納スペースを確保する

収納スペースは小さい家ほど不足しがちです。元々の家が狭いため、限られた収納スペースを無駄なく使うことが重要です。
また、ベッドの下やトイレなどのデッドスペースを上手に活用することも収納スペースの確保につながります。

間取りの区切りをなくす

小さいスペースの中でドアや壁で部屋を区切る数が増える程、部屋の生活スペースが狭くなっていきます。
必要最低限の部屋だけを区切り、それ以外の部屋は共有スペースとして活用する等工夫次第で部屋のスペースを確保することができます。

狭小住宅Point

狭小住宅の施工事例やノウハウを集めたページです。狭小住宅ならではの採光や風通しの工夫、周辺とも近い距離の中でプライバシーを確保するアイデアなど、参考になる事例がたくさん掲載されています。気になる外観デザインや間取りの工夫など驚きのアイデアも必見!あなたのイメージにぴったりの狭小住宅を探して、資料請求できちゃいます!狭小住宅で気になる建築費用やプランのポイントなども公開中。事例の詳細ページでは、建築面積や坪単価、総建築費など、より詳しい情報をご覧いただけます。

2023年人気住宅会社ランキング

カタログ請求

テーマ別 完成事例Theme Gallery