掲載情報件数

完成事例 1486 件 | ハウスメーカー 21件 | 工務店 84件 |建築家 16 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 完成事例「ガレージハウス」
  3. ガレージハウスの間取りや注意点・気になる費用を大公開!
  4. ガレージハウスの建築費用と建てる際の注意点

ガレージハウスの建築費用と建てる際の注意点

憧れのガレージハウスを建てるために、注意点も何点かあります。ここではその注意点と、予算内で建てるコツをお教えします。

掲載事例:「1日中、車を楽しむガレージハウス」 トヨタホーム東京株式会社

掲載事例:「1日中、車を楽しむガレージハウス」 トヨタホーム東京株式会社(こちら
工房のようなガレージハウス。車を1日中いじることができるガレージ空間を希望されたお施主様。作業用スペースだけではなく、ギャラリーや映画鑑賞もできるプロジェクターも完備した憧れの空間を実現しました。

ガレージハウスを建てる前に知っておきたい注意点

・ガレージで人気の大開口は地震に負けない丈夫さが重要
車を自然な形で住宅の中に溶け込ませることができるため、大開口や吹き抜けを用いてガレージハウスをつくる場合が多くあります。その際に注意したいのは、地震や暴風などの異常気象に耐えうる強度があるかどうかです。せっかく車と家があっても家が崩れてしまっては元も子もありません。ガレージハウスで大開口をつくる場合は、強度を確保できることが自然災害の際に家族の命を助ることにも繋がります。吹き抜けなどの場合は、入念に耐震補強などして充分な強度を保った家にしましょう。

・騒音対策は忘れずに!
ガレージハウスで最も注意が必要なのは、エンジン音などの騒音問題です。家族の眠りなどを妨げてしまうようなガレージハウスは絶対に避けましょう。大切なポイントは、ガレージと隣接するように寝室を配置しないこと。家族が個人で過ごす寝室空間は静けさが必要とあります。また、一緒に過ごすリビングなどでは家族との会話を優先することが重要です。どうしてもリビングなどから車を楽しみたいという場合は、必ず防音対策をしっかりしたガレージハウスにすることをすすめします。

・換気設備は充実させて、排気ガスなどを外に逃がす工夫を!
車の排気ガスは健康面への影響も心配です。メンテナンスするときは、騒音はもちろんオイル・ケミカル類の臭いをはじめ、メンテナンス時に汚れてしまう手や作業服も家族からひんしゅくを買います。ガレージハウスを建てる場合は、必ず排気ガスなどの対策を忘れないようにしましょう。換気設備や換気用の開口を外に向けてつくるよう計画してください。

ガレージハウスの建築費用の相場を知ろう!

ガレージハウスの建築費用が上がる要因は、1階などに大きな空間が必要なため、それに耐えうる強固な構法で建てなければならない点です。また、換気設備や防音などの細かな部分にも気を使うガレージハウスは、一般的な2階建てで敷地内に駐車場を設けている家より、割高になる可能性が高いことが言えます。せっかく建てるガレージハウスなので、永く住み続けられる家にするためにも、上記のような点は妥協せず、こだわりたいと思う方も多いでしょう。

ガレージ空間を6坪とした場合、一般的に建築費用の相場は、
木造の場合は約390~510万円(坪単価65~85万円)
鉄骨造の場合は約450~570万円(坪単価75~95万円程度)

主要都市部での30坪の建築費用の相場は、以下を参考にご覧ください。

主要都市部30坪のガレージハウスの参考建築費 東京都:3,500万円~、神奈川県横浜市:3,500万円~、埼玉県さいたま市:3,000万円~、千葉県千葉市:2,800万円~、愛知県名古屋市:3,000万円~、大阪府大阪市:3,000万円~、福岡県福岡市:2,500万円~

憧れのガレージハウスを予算内で建てるコツは?

ガレージハウスは1階にガレージス空間を確保するため、敷地が広くない都心の狭小地などでは3階建てにする間取りが多いことになります。3階建ての場合通常に2階建てより構造なども強固なものにする必要があるなど、建築コストがアップする要因となります。予算をしっかり検討して計画を進めることをおすすめします。

予算内で建てる際には、希望の優先順位をつけておくことが重要
例えば、3階のガレージハウスの場合、1階がガレージで開口が大きくなるため家の構造を強固なものにする必要があります。そのため木造ではなく鉄骨や鉄筋コンクリートで建てる場合が一般的です。しかし、家全部を鉄筋にする必要はありません。1階とそれに付随する2階の一部を鉄筋コンクリート造りなどで強固な構造にして、残りは木造などの混合造にする方法もあります。
また、内装や外装に使われる建築資材の単価を安くしたり、水廻り設備等のグレードを下げるなどもコストを抑える秘訣です。こだわる部分と妥協する部分を明確にして優先順位をしっかりつけて計画することが、予算内にガレージハウスを建てるためには重要です。

上記のことを参考に、依頼する住宅会社としっかり相談して予算をおさえる方法も検討しつつ計画を進めましょう。

さて、ガレージハウスを建てる際のコツや建築費用等についてふれてきましたが、理想のガレージハウスを建てるのに最も重要なのは、実績ある施工会社を選ぶことです。
実績があれば初めて家を建てる皆様には気づきにくい点や、心配ごとに対する回答も的確に安心して計画をすすめることができるでしょう。もちろん、こだわりのガレージハウスを実現するには、デザインセンスなども重要です。1社ではなく、最低でも3社にプラン依頼をして、金額やプランをしっかり比較してください。プラン依頼する会社を決めるには、どれだけガレージハウスの実績があるかを質問してみるといいでしょう。

ガレージハウスを建てる施工会社を選ぶ際には、実績のある会社を選び、要望の優先順位をしっかり明確にすることが重要です。

▼ハウスメーカー・工務店・建築家の建てたガレージハウスの施工事例を50件以上集めました。ぜひご計画の参考にご覧ください。

カタログ請求