無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1361 件 | ハウスメーカー 19件 | 工務店 63件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 用途地域と家の大きさについてもチェック

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社用途地域と家の大きさについてもチェック

土地については、事前に用途地域や大きさなどの制限を確認する!

理想の家を建てるには、その条件にあった土地かどうか知ることが重要

たとえば、日あたりがよく、騒音の問題が少ない住宅街に住みたい方にいれば、百貨店があり利便性の高い商業地域に関心を寄せる方もいます。居住環境として選ぶ条件は人それぞれ違いますが、いずれにせよ大切な確認は[用途地域]を確認することです。

[用途地域]とは、都市計画法のひとつとして定められています。住居は12の地域で建てることができます。(※「13-13 工業地域」以外は住宅を建築することができます。)

用途地域の種類
 13-1 第一種低層住居専用地域
 13-2 第二種低層住居専用地域
 13-3 第一種中高層住居専用地域
 13-4 第二種中高層住居専用地域
 13-5 第一種住居地域
 13-6 第二種住居地域
 13-7 準住居地域
 13-8 田園住居地域
 13-9 近隣商業地域
 13-10 商業地域
 13-11 準工業地域
 13-12 工業地域
 13-13 工業専用地域

用途によって環境はまちまちです。たとえ、現在は閑静な地域であっても、大型商業施設を建てることが許された地域、もしくはそれに隣接する地域では、将来さまざまな問題に悩まされる可能性があります。
たとえば、大型スーパーが近所にできた場合、買い物は便利になりますが地域外の人の出入りが増えるため、防犯・騒音の問題が生じてしまいます。また、3階建て以上の住居を検討している場合、建築ができる地域かどうか確認が必要です。2階建て程度の低層とそれ以上の中高層では、建築できる地域が異なります

以上2つの理由で、居住を希望する地域と周辺の用途地域を把握することが必要です。用地地域は各行政庁のWebサイトで簡単に調べることができます。あわせて、住居を建てる予定のある周囲の用途地域を知っておくことで、現在だけではなく、将来的な生活環境を想像することができます。

家の大きさを決める[建ぺい率]と[容積率]について

[建ぺい率]とは、敷地面積に対する建築面積の割合です。建築物の日照などの確保や災害を防ぐ目的で、用途地域に応じ建ぺい率が制限されています。
 建築面積(1階面積)/敷地面積 × 100

[容積率]とは、敷地面積に対する建築延べ面積(延床面積)の割合です。都市計画で用途地域によって50%~3000%の範囲で制限され、前面の道路幅で変動する場合もあります。
 延床面積(すべての階の床面積)/敷地面積 × 100

理想の家を建てるには、その条件にあった立地かどうか知っておくことが大前提です。特に建ぺい率は家の大きさに関わるので、必ず把握して計画を立てることが大切です。

《用途地域と家の大きさ》について、いろいろなご相談を承ります。お電話でもメールでも無料でご相談いただけます。詳細は以下をご覧ください。

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2022年人気住宅会社ランキング

THEME RANKING

PHOTO GALLERY