無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1361 件 | ハウスメーカー 19件 | 工務店 63件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 親と住む子と住む(1)母を喪って超長寿時代を実感!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 親と住む子と住む(1)母を喪って超長寿時代を実感!

○今回のポイント 1 年齢を重ねての変化に柔軟に対応できる家が必要
○今回のポイント 2 介護目的ではなく、どう暮らしていくのかを考えることが重要

超長寿時代の「いい家」を考えるとき、今の住まいの良さとは一体何か?より、この先老いて何が住まいに必要であるかを考えさせられる時代となりました。現代の家族の間取りやその建て方や構造、さらに設備とは?を考えると、若くて元気な今は何も思い浮かばないことですが・・・大きな違いは寿命がはるかに長くなったことです。

現実の長寿社会を自分自身のこととして想像してみる

口先だけで「少子高齢化」だの「超高齢社会」などと言われますが・・・、現実の長寿社会を自分自身のこととして想像してみるとあらゆる問題が浮かんでくるのです。まずは長く暮らすための経済ですが、なによりも身の周りの一つ一つがまったく今までとは変わってくることです。

あの105歳までご長寿であった医師日野原重明氏にお逢いする栄誉があり、そのお元気なお姿に「ご長寿でお元気な秘訣は」などの失礼な愚門に、即座に返して頂いた言葉が「いやそれなりですよ」と、そして「お声を掛けて頂くことと帰る処があるからですよ」ときっぱり。その時の、「帰る処がある」の言葉にとても新鮮で感動し、今も心に残っているのです。まさしく“それなり”は日々の身の周りのことで、“帰る処”はまさしく「家」です。老いて、当たり前だったことのすべてがそうではなくなり、何をするのもふらついたり躓いたり転んだりもするのです。さらに食事はもとよりトイレや寝ること自体も年を重ねるごとにじわじわと変わってくると言うのです。

「同居」などと言う選択肢など、夢のかけらもない

果たして老後に強い家はどうつくるか?戦中戦後を生き抜き、戦後のわが国の経済や社会を支えた「団塊」と呼ばれる人たちが今、超高齢生活の真っただ中にいるのです。しかもこの先の見えないコロナ禍となっているのです。まさに悠々自適の老後を迎えようとしていた矢先の災禍となり、年金はもとより介護やデイケアもままならない厳しい現実に直面してもいるのです。

何よりの頼みは息子さんや医師たちと携帯電話の「命綱」で繋がっていることですが、それもこの災禍でどこまで頼りになるか、ご高齢だけに毎日がとても不安だと言うのです。若い今、そんな予測と覚悟で老いの自立の家を建て、リフォームをする人は果たしてどれほど居られるか、まして子どもさんと「同居」などと言う選択肢など、夢のかけらも考えていません。しかしかつての“いい家”の体験をされた親御さんはこうした現実的な問題を多用に、いや柔軟に解決もしていたのです。

写真1:息子さんの家の奥に70歳で家を建てたTさん(設計・写真:天野彰)
<写真1:息子さんの家の奥に70歳で家を建てたTさん(設計・写真:天野彰)>

写真2:母の家の隣に娘夫婦が家を建てるTA様邸(設計アトリエ4A)
<写真2:母の家の隣に娘夫婦が家を建てるTA様邸(設計アトリエ4A)>

その例として、写真のように息子さん家族の住む家の隣に土地を購入し70歳になって家を建てたTさんや、母の家の隣に娘さん夫婦が家を建てられた例もあるのです。

親の居場所?

私自身、17年前に母を喪って改めて思ったことは母の居場所でした。現実の長寿社会、そして親・兄弟そして家族のあり方を考えさせられたのです。豊かになった今日の生活において長寿は確かに長い老後の暮らしで多くの楽しみや学習もできて幸せそうなのですが、いったん病に伏せたり、つれ合いを亡くしたりすると長い老いの生活はかえって不自由なものとなってしまうのです。
このコロナ禍でも介護や医療や制度なども危うさも見えて来たのです。一方でその子たちはその長寿政策のためにさらに負担が増して、わが子の養育ばかりか自身の生活さえ苦しく忙しく働かなければなりません。

こうして親の最期に至って思うような介護もできず、そして逢うことすらままならないなどの寂しい思いをすることになるのです。親は親で不自由なわが身の置き場に悩むのです。幸い私の場合、妹夫婦が近くに居て世話になり、病院でも看護され安堵しましたが、住める家、それが“帰る家”となるのか?に悩んだものです。
また子の方も果たして親が住みやすい所となるのか?わが生きる所が近いか、同じ屋根の下ならなお安心だと悩むことになるのです。

「別々に住む」「同居する」その双方の在宅支援やデイケアなど社会的支援の「仕組み」も重要だと思うのです。徐々に政策も充実しては来ていますが、高齢化のスピードが速くて追いつけないのも事実です。

本来、老人の世話をするのではなく “どう互いが生きて行くか”を支援することこそ重要と思うのです。改めて老いをどう生きるか?老若双方にとっても“いい家”とはいったい何かを探して行きたいと思うのです。

次回は「新同居?の家」です。

 *********************************************************

★隔週最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2022年人気住宅会社ランキング

THEME RANKING

PHOTO GALLERY