掲載情報件数

完成事例 1481 件 | ハウスメーカー 21件 | 工務店 84件 |建築家 16 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 完成事例「ペットと暮らす家」
  3. ペットと暮らすための家づくりで大切なことは?

ペットと暮らすための家づくりで大切なことは?

ペットと一緒に暮らすための家を建てる際には、はじめに犬や猫といったペットそれぞれの習性を理解しておくことが重要です。
まずは、犬・猫でそれぞれの特徴をまとめてみます。

掲載事例:「愛犬家による愛犬家のための家」 株式会社アキュラホーム

掲載事例:「愛犬家による愛犬家のための家」 株式会社アキュラホーム(こちら
心地よさを考慮して床材は無垢、壁は遮音性と消臭効果の高い珪藻土を採用した愛犬のための住まい。

犬の特徴とポイント

運動(お散歩など)が大好き。なるべくなら思いっきり走り回ることができるような間取りを検討しましょう。

外を眺めるのが好き。窓から外を眺める犬をよくみかけませんか。賢い犬はご主人の帰宅をずっと外を眺めて待っているとかも。そのため外を眺めることのできる窓をつくってあげることが望ましいでしょう。

壁に寄りかかり寝るのも好き。そのため寝床は狭い空間で寄りかかれるような壁があるとリラックスできるようです。

一人ぼっちは大嫌い。家族が集まるリビングなどに、くつろぎのスペースを作ってあげるのがポイント

暑いのが苦手。犬は体温調節が苦手です。体の熱を冷ませるようなスぺースがあると喜びます。

猫の特徴とポイント

立体的で高い場所が好き。キャットウォークを作ってあげるのが理想的。木造住宅であれば梁などを現わすだけで、それがキャットウィークの役目を果たしてくれます。

日向ぼっこのスペースもつくってあげるといいでしょう。日向ぼっこが好きな理由は2つあります。体温調節とノミやダニなどの害虫駆除のためだそうです。

狭い場所が大好き。秘密基地のような空間を家の中に作ることもおすすめ。

・ペットドアや爪とぎ柱の設置は必須。しっかり躾けることで、その柱以外では爪とぎをしなくなります。またテリトリーを見まわる習性があるので、自由に歩きまわることができるように猫専用のペットドアも便利です。

ペットの特徴を捉え、大切にすべきは「動線」計画

何より重要なのは、犬や猫を自由に行き来できるスペースをどうつくり出すか。それと合わせて制限すべきスペースも明確にしておくことです。犬であれば、毎日の散歩など外との出入りを快適にすることや、人と触れ合うのが大好きな犬の居場所もしっかり検討すべきでしょう。それに引き換え、猫は適度な距離感が何より大切です。その距離感を保ち、リラックスできる空間=高い場所が好きな猫の休憩空間など慎重に検討しましょう。

つまりは、人もペットも心地よく暮らせる距離感をどう間取りに落とし込んでいくかが大切ということです。

続いては、そんな間取りを考える際のコツをまとめました。(こちらから

▼ハウスメーカー・工務店・建築家の建てたペットと暮らす家の施工事例を20件以上集めました。ぜひご計画の参考にご覧ください。

カタログ請求

事例カテゴリーCategories

気になるテーマで住宅会社へまとめてカタログ(資料)請求