掲載情報件数

完成事例 1481 件 | ハウスメーカー 21件 | 工務店 84件 |建築家 16 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 完成事例「ペットと暮らす家」
  3. ペットと暮らす間取りのポイント!【プライバシーは大切】

ペットと暮らす間取りのポイント!【プライバシーは大切】

ここでは、ペットと暮らす家をつくる際の間取りのポイントをご紹介します。人だけでなくペットにとって居心地のいい空間とするためにペットの習性や視点を大事にして空間をつくり上げることが重要です。

掲載事例:「プロヴァンスなコンパクトハウス」 ホームパパホームズ

掲載事例:「プロヴァンスなコンパクトハウス」 ホームパパホームズ(こちら
LDKの一部にペット(ウサギ)の指定席。収納棚部分を上手に使いジャストサイズに収まりました。無垢フローリングで足元からあたたかなのもペットには嬉しいですね。

プライベートな空間「ペットコーナー」は非常に重要

人にもプライベート空間があるように、ペットにも寝室など個別にリラックスできる空間が必要です。つまり「ペットコーナー」。寝る際の寝室としても、休憩や食事する場所としても自由に使えるペットコーナーは有効です。特に猫は人目を気にする場合も多く、伸び伸び暮らすためにペットコーナーを設ける必要があります。おすすめは、階段下などのデッドスペースを利用するといいでしょう。
人と触れ合うのが好きな犬は、リビングにペットコーナーを設けることがおすすめです。就寝の際は、特に人とペットそれぞれで休める空間が必要となります。

その他に各空間別で、ペットと暮らす際に工夫した方がいいポイントをご紹介してきます。

ペットと暮らす際のリビングは、充分な広さを用意することが重要

リビングは家族でくつろぐ場所、もちろんペットも一緒にくつろぐことができるよう配慮することが大切です。
犬の場合は特に家族と一緒にいることを望むため、遊ぶ場所や休憩、食事する場所などリビングに設けることをおすすめします。ポイントは、隣家と接していない壁際にスペースをつくること。また、食事を安心して食べられるように、コの字やL字型の壁を設けて、少しだけ死角をつくることも大切です。ちょっとした収納スペースも設けて、エサやペット用品を収めておくと整理できて使い勝手もいいでしょう。
猫の場合は適度な距離感を非常に大切にするため、食事場所だけリビングに設けるなど工夫しましょう。

その他ペットが運動できる空間もリビング空間と一体となっていると、家族と一緒にふれ合う時間もうまれます。

床は滑りにくいものを選ぶ

動きまわるペットにとって、普通のフローリングは滑りやすく、股関節のケガの原因になります。滑りにくいフローリングや滑り止めコーティングを施しましょう。ペットが動く場所にはコルク材のタイルカーペットなども効果的。もちろんペットのケガ予防以外にも爪によるキズ防止や防音効果もあるので、ぜひ取り入れることをおすすめします。

玄関から浴室やトイレの近い間取りが理想的

犬の場合は、毎日の日課である散歩があります。その散歩から帰ってきたときに足を拭いたり、ケアするのに浴室などが近いと便利でしょう。さらに玄関スペースはケアするのに十分な広さをを設けることも検討しましょう。広さはペットのためだけではなく、収納を充実させることにも繋がります。ただ広いだけの空間ではなく収納を必ず設けるようにするといいでしょう。

玄関ホールは、犬や猫が外へ勝手に飛び出さなように出入りを制限すること

ポイントは、玄関ホールまでリビングから一直線で繋ぐ動線を避けること。必ず途中にドアを設けるなど工夫することです。「ペットフェンス」を設置することも効果的。とにかく、勝手に出入りできないようにすることが重要です。

またホールではなく、汚れた足のまま入れる「土間」スペースもペットと暮らす家では便利です。土間は玄関だけではなくそのまま庭に繋がるような配置にすることも可能。外に出ることが難しい日でもペットの遊び場所としても有効です。

浴室は最も事故が起こりやすい場所の1つです

まずチェックすべきは扉です。押して開けるタイプの扉ではなく、ペットが開けにくいタイプの引き戸や内開きにすることが理想的。そして、浴室の扉は必ず閉めるようしましょう。勝手に侵入して、水のためられた浴槽に誤って落ちてしまうというケースも起きています。扉だけではなく、浴室の蓋を必ず閉めておきましょう。
また洗剤や石鹸、シャンプーなどのペットが舐めて危険なものは、常に収納しておくことも必要です。収納する場所は、扉付きで高い場所の戸棚にしましょう。

浴室は閉めきりにするため、浴室乾燥や窓などの湿気対策を忘れずに行うこともおすすめします。

洗面所はペットのトイレを置くのに適した場所

排泄物の処理も簡単で、換気機能も必ず付いていることから臭いがこもるのも防げます。計画する際は、トイレの置ける広さが確保できるか確認しましょう。

独立式のキッチンが最適

キッチン周りも事故の起きやすい場所です。食べ物や調味料を誤飲してしまったり、火による火傷など危険が溢れています。そのため、理想は独立式のキッチンを採用すること。最近は、ダイニングやリビングと1つの空間となったLDKに対面式やアイランドのキッチンが流行っているようですが、安全性を優先しキッチンは個室を設けることをおすすめします。
独立式でない場合にも、ペットフェンスなどを取り付けるなどで侵入を防ぐことができれば問題ありません。

ペットの習性はそこまで多様ではないため、上記のようなポイントを押さえて間取りに落とし込むことで人もペットも安心で快適な住まいを実現することができます。

続いては、犬と猫それぞれで押さえておくべき間取りのポイントをご紹介します。まずは犬から。(こちらから

▼ハウスメーカー・工務店・建築家の建てたペットと暮らす家の施工事例を20件以上集めました。ぜひご計画の参考にご覧ください。

カタログ請求

事例カテゴリーCategories

気になるテーマで住宅会社へまとめてカタログ(資料)請求