無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1476 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?

○今回のポイント 1 家づくりは「街づくり」や「人づくり」に繋がる
○今回のポイント 2 周辺環境をしっかり把握すること
○今回のポイント 3 家族の居場所を考える「場取り」からプランを考える

前回までの土地候補探し、さらには好みの設計者選びによって、土地の選定が行え、契約も安心して行えます。
そしていよいよ家のプランのイメージが見えてきます。

購入した土地へ宿泊し周辺環境を確認した情報を基にプランへ落とし込む

次は、その購入した土地にテントを張って家族で一緒に泊まって“観る”のです。冬場はなかなか大変なことですが、車を停めてできるだけ朝な夕なの情景を探るのです。この際には近隣に簡単な手土産を持って挨拶をするのです。不審者に思われないことはもとよりその敷地の周りに住む人々の様子が分かります。
これこそが本来の家づくりでのコミュニティの始まりなのですが、最近の家づくりは残念ながら施工業者任せにすることが多いのです。もちろん解体新築や大幅なリフォームの際もこうした近隣との付き合いこそがその後も一層住みやすくなり、工事もスムースに進むのです。

こうして得た情報をくまなく設計者に伝え新しい住まいに反映するのです。今まで住んでいる人も窓を大きく開けて風の流れや陽の入り様や、さらには鉄道や道路の騒音、あるいは前面道路の車の通りや人通りなどを含め家の配置や景観なども街に違和感なく溶け込んで行くことになるのです。

野中の一軒家ならともかくまさしく家づくりは街づくり人づくりでもあるのです。

家族がどこで、どのように暮らすかを初めに考える

さてこれで何となく家の周りの様子やわが家の概要が見えてくるのですが…、すぐにグラフ用紙に間取りを嵌め込むなどはせず、どこでどう暮らすかを考えるのです。そう、まさしく家族の居場所を考えるのです。食べるところ、居るところ、寝るところの場を考えるのです。
それらの“場”を敷地の中に○で画くのです。私はそれを「間取り」ではなく「場取り」と言うのです。

家族間取りゲーム(画:天野彰)
<イラスト1:家族間取りゲーム(画:天野彰)>

そのやり方は簡単です。リビングやダイニングさらには寝室や和室などをそれぞれをその代償の円を造ってそれを敷地に想定した画用紙の上に並べて行くのです。家族でわいわいがやがやとゲーム感覚で並べて行くのです。まさしくこれを「場取りゲーム」と称しているのです。
ここで気に入った何枚かの配置を糊で止め、設計者にそのまま渡すのです。このとき玄関や階段さらにはトイレなどは気にせず設計者に任せるのです。これで清書された、いくつかの“場取りプラン”を観ながらまた家族と設計者とで喧々諤々とやればいいのです。

場取りからできたプラン(画:天野彰)
<イラスト2:場取りからできたプラン(画:天野彰)>

そう、場取りはどこでどう住むか?家族で楽しくやらなければいけません。方眼紙に部屋を詰め込みトイレが入らないとか階段が難しいなどは専門家に任せればいいのです。

次回は「家相は気になるではなく気にさせられる?」です。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

注目のTOPICSTopics