無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1470 件 | ハウスメーカー 21件 | 工務店 84件 |建築家 16 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 2Sハウス(1)二つのSとは何・・・?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 2Sハウス(1)二つのSとは何・・・?

○今回のポイント 1 家づくりは「人」「時間」「空間」の順番で検討すると良い
○今回のポイント 2 家の空間よりも、自身や家族が安心して暮らせる家づくりが大切

年が明け、あっという間にあの阪神大震災の1月17日が過ぎました。なんと既に24年もの月日が過ぎたと言う。あの日寝起きに生中継されたあの都市型の大地震の衝撃がまるで昨日のことのように思えてなりません。それは多くの都市に住む人やこれから家を持とうとする人に共通する大きな不安となったのです。
以来「耐震免震」がなぜかハウスメーカーの売り文句のようになり、それが家の代名詞のようになりました。合わせて高齢化社会がうたわれていて、家づくりは耐震とバリアフリー一辺倒となり多くの家がリフォームされたり建て替えられたりしたのです。

「時間」の流れを考えた家づくりが必要

しかし・・・こうして建てたり購入した家で10年20年経った後に「あーすればよかった」とか、「何か無駄に広かったか?」などと、まるで住まいが家族に合っていないと思う人が多いのです。
もともとそのころの家づくりの関心事が子育てあり、この若い家族もいずれその子どもたちはあっという間に成長し、出て行きそこに取り残されたのは自分たちだけになるなどとは夢にも思わなかったことで、ましてや夫婦どちらかが病や認知症などになるなどとは考えたくもなかったからなのでしょう。

家づくりの関心事は間取りやインテリアなどの「空間」ばかりではなく、そこにすむ家族さらにその地域の人々と関係があって、「人間」が優先で、その人も時とともに変わって行く、まさしく「時間」を忘れてはいけません。家づくりではこのことは「人間」「時間」そして「空間」の順位となるのです。あらためて考えればこれは当たり前の事象なのかも知れません。

長年多くの家づくりのお手伝いをして来て最近のこんな現象は初めてのことで、まるで経済優先でかつての家づくりでは建てる方も古い家に住む人からも聞いたことがないのです。

家族や自身を守るために家を建てる考え方が必要

そこでこの二つのSが考えられるのです。まさにわが身と家族を救う「セルフディフェンスのS、そしてわが身は自身で支えて行くことすなわち「セルフサポ-ト」のS、の2Sこそが家づくりの根幹で、その上でわが家をわが身なりに建てることではないでしょうか。

ではセルフディフェンスとは即地震つまり耐震でセルフサポートとは即バリアフリーのことでしょうか?
実はこの「時間」について、ある住宅雑誌に堺屋太一氏と高齢化を想定して「老後の暮らしはどうなる!」と題した対談を行っているのです。なんと今から38年前の昭和56年のことです。「セルフディフェンス」の発想はその時すでに提案しているのです。

都市での家づくり 掲載記事:住宅雑誌特集「老後の暮らしはどうなる!」
<都市での家づくり 掲載記事:住宅雑誌特集「老後の暮らしはどうなる!」(1981年)>

そこで次回は真に安心の家とは何か?を考えて見たいものです。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2018年人気住宅会社ランキング

気になるテーマで住宅会社へまとめてカタログ(資料)請求