無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1372 件 | ハウスメーカー 19件 | 工務店 68件 |建築家 15 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 立地のメリット・デメリットをしっかり把握しておく

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社立地のメリット・デメリットをしっかり把握しておく

住宅・土地の購入にあたって、だれしも最優先に検討する点は【立地条件】であることには異論はないと思います。子育て中で通勤を優先するなら、電車利用者は乗り換えが少ない駅の近く、自動車で通勤しているならば、幹線道路の近くで探すことが多いと思います。駅から近ければ、悪天候時に駅にたどり着くのも容易ですし、幹線道路沿いならば、朝の通勤ラッシュのさなか、細い抜け道を探す必要もありません。

家の購入時には家族全員で納得できる立地条件を検討しましょう。

利便性の良い場所にありがちなデメリット

都市部の駅近くや道路沿いは繁華街も多く、騒音問題や治安状態に不安を抱えながら日々の生活を送ることになります。通勤・通学時間帯は周辺が混雑しますし、日中の電車・車の音はもちろん、深夜でも賑わう声が聞こえたりと、決して静かな環境ではありません。さらに、10年・20年・30年以上といった、一生その場で過ごす程度の長いスパンで考えた場合、『繁華街が近い』『駅のブランドイメージ』といった希望が開発計画次第によって大きく変わる場合があります。

一方、駅から遠い立地の場合は、駅やバス停までの所要時間、電車やバスの待ち時間など、通勤・通学にかかる時間も考慮する必要があります。物件価格は安くなりますが、毎日の通勤・通学にかかる負担とどちらを優先するか、しっかり検討する必要があります。

なにより大切なことは、自分の家族構成やライフスタイルをもとに、周辺環境に求める優先順位を明確化することにつきます。そして、現時点の優先順位が現在だけではなく将来も変わらない優先順位なのかをしっかり考慮して、各々の物件のよしあしを見分ける必要があります。

本人がいくらよくても家族が望まない立地での生活は、間違いなく家族間の不仲を招きます。つまり、土地や分譲物件を探すときの最優先順位とは、家族全員でそれぞれ検討しなければならない【立地における優先順位の整理】なのです。

《立地条件の優先順位を付ける方法》について、ご相談を承ります。
 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。