無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1478 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 82件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 非接触時代の家(1)“炉端”を囲み あえて積極的に交流する?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 非接触時代の家(1)“炉端”を囲み あえて積極的に交流する?

○今回のポイント 1 変わる暮らし方で、想いや言葉をどのように人に伝えていくのか
○今回のポイント 2 換気するための排気フードを完備した団らんスペース

新型コロナウイルスで、いかにコミュニケーションを図るかが課題

これからの時代は老いばかりではなく、さらには厄介な新型コロナウイルスと“共存”して生きて行かなければならないこととなりました。
今までもインフルエンザや花粉など家の中に入れたくないものはありましたが、今回は命に係わるばかりではなく、罹ったかどうかも分かりにくく、知らずに暮らし、働く間に人にうつしてしまう恐ろしさです。周知のとおり、これが大問題で、自分を含め、全員を疑わなければならない付き合い方となるのです。いわゆる人との接触どころか、人を遠ざける生活姿勢や行動となるのです。言い換えれば、逢いたくない人や、人と逢いたくなければ“ひきこもることが是”としてできる社会と言えるのです。

こうして人々はますます断絶や分断が常態化し、いつしか孤独な社会となるのでしょうか?そのためにもあえて人とコミュニケーションを取るかが重要となります。つまり人としてどう相手に想いを伝えられるかが大きな課題となるのです。

今、インターネット越しや、ガラスやアクリル越しのコミュニケーションとなっているのですが・・・、まさに同じ空間に居ながら物理的に隔離された人間関係はかえって見えるだけに問題なのです。あのテレビのリモート画面?に見るような、ワザとらしくはめ込まれた画像は、小さく視にくく意図的で視るに堪えないのです。最近やっと、生身の実像で、同一画面で視られるような工夫もされ少し安堵感が持てるようになって来たような気もしますが・・・、あえて仕切りのアクリル板を叩き合うお笑いの画は皮肉で興ざめてしまいます。

写真1:わが家のフード付き囲炉裏と炉辺テーブル(設計:天野彰)
<写真1:わが家のフード付き囲炉裏と炉辺テーブル(設計:天野彰)>

写真2:参考事例 K様邸 家族で楽しむバーベキュー暖炉(写真:天野彰)
<左:K様邸 家族で楽しむバーベキュー暖炉 右:強力排気フードの皆の炉辺(写真:天野彰)>

ソーシャル・ディスタンシングを考慮して、家族や知人と集まる家とは

結局のところ、すべてが誰にも安全にしかも効果的なワクチンが出来るまではこの状態と言うことになるのでしょうが・・・、果たして、もともと罹患の仕組みも、その経緯や症状も様々でその見分けも判明しにくいこのウイルスは、誰にも一撃で留める特効ワクチンが開発されるだろうか?と、疑念を持つのは私だけでしょうか? とすれば、こんな“非接触社会”はしばらく続くのかも知れません。が、しかし反面、一縷の望みもあります。

まさにソーシャル・ディスタンシングの名の通り、一定の距離を保って舞台で演じる仕切りのない生の舞台やコンサートと、客席の様子も試みられるようにもなって、まさにバーチャルではない同一空間での“生の共存”が生まれてもいるです。
この先さらに“人に感じさせないシールド”ができて、互いの対面接触が出来れば幸いで・・・。あの感染者の医療現場の防護服が、さらに進化し、首から上のまさに空調の強風で飛沫などを上に飛ばし回収し、紫外線との併用で顔を防護するような、まさに顔だけのエアーカーテンのようなマスクや、さらに手のみならず全身を極薄強靭柔軟の被膜で覆って温もりのある接触治療ができることが期待されます。

しかし現実の住まいや職場に置き換えれば・・・、前回もお伝えしたように、まずは徹底してウイルスを内側に入れないこと!で、さらにそれを追い出すための換気。まさに“排気”が重要で各自は最小限の個室スペースで防御され、その代わりあえて皆で集まって会話や会食を楽しむことではないでしょうか?(前回コラムはこちら

イラスト1:普段囲われた最小のマイデスク(図:天野彰)
<イラスト1:普段囲われた最小のマイデスク(図:天野彰)>

まさにあのステーキハウスのような巨大な排気フードの周りに風のシールドをつくり、そこに人々が集まり、あの「炉端焼き」団らんスペースをつくるのです。普段、囲われた最小限のデスク(イラスト1)に居る家族や同僚が集まり互いの眼や表情を見て、生の声で会話し、一緒に食事をしながら積極的に交流を深めるのです・・・。

イラスト2:都会の中の超自然?のマイハウス(図:天野彰)
<イラスト2:都会の中の超自然?のマイハウス(図:天野彰)>

いくら考えてもよい知恵が出てこない交流大好き人間の筆者にとって、耐えがたい時代でありながらこの炉辺から希望が見えて来るような気がします。その上で、普段篭るわが棲家は都市の中においても自然情緒いっぱいの最高の楽しい空間を創造するのです。

そこでちょっと心を鎮めて・・・、次回は非接触時代の家、あえて「風と共に“方丈庵”の棲家?」です。

 *********************************************************

★隔週最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2019年人気住宅会社ランキング

PHOTO GALLERY