無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1451 件 | ハウスメーカー 25件 | 工務店 76件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. さあ、家を建てよう!(3) 2LDKや分譲も設計者と自分の家を!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 さあ、家を建てよう!(3) 2LDKや分譲も設計者と自分の家を!

○今回のポイント 1 お任せではなく、設計者と一緒に図面をつくり、現場にも足を運び監理をすることが重要
○今回のポイント 2 玄関の側に「前室」を設け換気も十分に行う間取り
○今回のポイント 3 玄関の「前室」は来客対応の部屋にも最適

自分だけの家をつくる!のお話しをしてきました。しかし広い山の中でログハウスを建てることとは違い都市の狭い敷地に家を自分で建てることは不可能です。そこで自身とわが家族だけの想いの家を描いて、予算や施工法も分かる専門家の設計士に頼んで設計図書を描いてもらうのです。できればその設計図が予定通りに完遂できるかを完成までを視てもらうのです。

建て主と設計士は作詞家と作曲家?

長年家づくりのお手伝いをしてきて思うことは、設計とは、ただプランを決めてその図を描くだけではなく建て主の想いを知り得る限りの知識と技量によって予算内に納め、完成までをイメージしながら描きあげることです。そう、建て主と設計者の関係とは・・・建て主が描いた詞を音符とリズムを駆使して譜面を書き上げる作曲家のような専門家です。設計者と一緒に家を建てることは・・・、まさに作詞家と作曲家の関係とも言えます。

こうして“曲”が出来たらいよいよ家を建てるための“オーケストラ”として、曲に合ったしかも予算にも合った施工者を選ぶのです。そこからは作曲家でもある設計士の解説を含め、まるで指揮棒を振るように“曲を奏でる”監理をするのです。これによってさらに修正しながら曲を奏でて行くのです。こうして建て主も大工さんや職人さんと親しくなり、建物の仕組みも工事の仕方も分かってきて、次第に施工費の内訳も分かって適切な意見や希望も言えるようになるのです。

実はこれこそが自分で家を建てることなのです。これによって本当に自分に合った家となり、愛着が持て生涯大事に出来るのです。しかもそれ以上に奥様や家族の生き生きとした目が感動を呼びます。

感動は2LDKのマンションで得られる

これはなにも戸建ての新築ばかりではありません。2LDKや3DKの分譲マンションなどのリフォームでも大きな感動が得られるのです。今のままのプランに住むのをやめて、思い切ってすべての間仕切りを取り、骨だけのスケルトンの空間にするのです。

T様邸:スケルトンリフォームの例(設計:アトリエ4A)
<T様邸:スケルトンリフォームの例(設計:アトリエ4A)>

「えッ?これが今までの家?」
「意外と広い!」と驚くのです。

そう、今の給排水の配管、特に排水の元管だけは残してワンルームにするのです。もちろんこれも木造や壁構造の柱や壁は取れませんが、かなり自由な間取りの展開ができるのです。この考え方は新たに間仕切りを造って新しい部屋をつくるのではなく必要な間仕切りを目隠しのように立てると言う発想です。そう、このコラムでお話したあの“スパ”をつくる発想です。

イラスト:水回りも大胆にシースルーに(画:天野彰)
<イラスト:水回りも大胆にシースルーに(画:天野彰)>

まずはその空間の真ん中に「家族みんなの台所」と言った大きなダイニングキッチンテーブルをつくり、その上を覆うように換気フードを設けるのです。次に元の排水口を中心にトイレや浴室を設け、そこだけは囲います。マンションの狭い2LDKなどは思い切ってイラストのようにトイレや風呂を透明なガラスのブースにするとさらに“広々とした家”になります。使う時はカーテンやブラインドさらには通電液晶ガラスをスイッチオンして目隠しにすればよいのです。

そうして今こそ大切なのは玄関側にしっかりした「前室」をつくることです。この位置にトイレや洗面があればそこを前室の手洗い場にして強力な換気扇で排気するのです。ここで着て来た服や履物を脱いでフックに掛けて晒すのです。できればここの床は土間にして洗い流せるタイル張りか、アルコールでモップ掛けができる素材にするのです。

まさに玄関を清潔なクリーンルームに入るような前室にするのです。ま、極論のようですがこれが今の世の実態であり、残念ながらしばらくは来客はこの“前室”での対応とするのです。

次回は、しかし今だからこそ“時間”が見えるスローハウスのお話しです。

 *********************************************************

★隔週最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2020年人気住宅会社ランキング

PHOTO GALLERY