無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1470 件 | ハウスメーカー 21件 | 工務店 84件 |建築家 16 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 2Sハウス(2)安心の家とは何か・・・?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 2Sハウス(2)安心の家とは何か・・・?

○今回のポイント 1 家族に合わせて考え建てることが本来の家づくり
○今回のポイント 2 重要なのは家族の暮らしやすさ、それにプラスして耐震や省エネを意識する

耐震やバリアフリーが重要なのか

前回セルフディフェンスとは即地震つまり耐震のことなのだろうか?果たしてセルフサポートとは即バリアフリーのことなのだろうか?と、お話しました。今こうして、震度7を何度受けても耐えられるとか、マンション全体がすべて免震ゴムで浮いていてダンパーなどによって制震されているなどとか、さらには段差がなく車いすでも支障がないように広い廊下の家でホームエレベーターも付けられる、などなど際限がないのです。
が、なるほど大きな二つのS(セルフ)で2Sの発想であることは確かなのですが・・・、これが果たして本当に安心の家なのか?と思うさ中で各地で思わぬ災害が起こり、高齢化の影響がこうも早く進むとこれからの家や住まいはこれがまるですべての条件のようと思えてしまいます。

現代は人々はこうした謳い文句に敏感となるのかも知れません。事業者もこうしたニーズに応えるべく住まいを研究し、さらに売り出そうとするのも無碍なるかとも思えるのです。しかしここで改めて、家とはもともと買うものではなく造るものであり建てるものだったはずです。家をあれこれ工夫し、悩み工面して考えさらに大工さんや職人たちに頼んで建てるところに本当の価値があり真の安心があったはずなのです。

強靭な井桁構造の木の家に楽しみの那須の家(H様邸設計:天野彰)
<強靭な井桁構造の木の家に楽しみの那須の家(H様邸設計:天野彰)>

住まいは家族の生活や暮らしやすさを最優先に考えること

今時代が進みすでに事前に出来上がった家を購入できるようになりました。販売する側もこうした売り文句が必要となるのです。が、実際にできてしまった家は買う側も専門家もなかなかその実態を確かめようもないのです。

そんな中大きな2S、すなわち「耐震」と「バリアフリー」が余りに優先され過ぎると、本来の家族一人ひとりの生活や楽しみなどが二の次三の次となり、住む側も今こうした家が安心の家と思ってしまいます。このことはあの「高気密高断熱」大流行りのころの家と同じように肝心の本来の四季の自然の感覚を忘れ常に冷暖房に頼る暮らしとなったことが思い出されます。
このコラムではいつもお話ししていることは、住まいは自分たちの生活や暮らしを最優先に考え、その上でこうした耐震やバリアフリーなどに惑わされることなくそれらを参考にして生かして、さらにわが「老後の生活」をイメージして省エネや健康などを幅広く考えることなのです。このことは今住んでいる家のリフォームや補強にも共通することなのです。

四季をイメージした可変の住まい方(画:天野彰)
<イラスト:四季をイメージした可変の住まい方(画:天野彰)>

次回は「耐震の家とはハードだけか?」です。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2018年人気住宅会社ランキング

気になるテーマで住宅会社へまとめてカタログ(資料)請求