無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1361 件 | ハウスメーカー 19件 | 工務店 63件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 現在の木造住宅は、十分な耐震強度を備えている

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社現在の木造住宅は、十分な耐震強度を備えている

前回、家全体を守る存在である屋根について解説しました。(こちらから)木造瓦屋根は、地震が起きた場合に弱いのではないか、というご質問をいただいたことから、今回は木造住宅の耐震強度について解説します。

日本の木造住宅は地震に対応した住宅

過去の災害から改良を重ねた「木造住宅」

住宅の新築をお考えの方々において、「木造住宅を建てたい」と望む方は少なくありません。
木は日本人にとって身近な建材で、自然素材でもあります。木の温かみや質感を求める声も、あとを絶ちません。しかし「木造住宅だと地震のとき、大きな揺れに耐えられるか心配」という方も決して少なくありません。その心配は、幾度となく過去に起きた大震災で木造家屋が倒壊してしまった様子が盛んに報道されたことからきていることは間違いないかと思います。

現在の住宅会社は、建物の耐震性を高めるためさまざまな努力を重ねています。たとえば、ある住宅会社は木材と木材とを繋ぐ部分に独自の金物を採用し、接合強度の強さを追求しています。また、建物の構造を柱や梁といった「線」で支えるのではなく、木材などを組み合わせたパネルやフレームといった「面」で支える工法を採用している住宅会社もあります。

このように、さまざまな住宅会社が木造住宅の耐震強度を高める独自の研究開発を行っているため、「木造=地震に弱い」というイメージは、すでに過去のものになりました。実際、阪神・淡路大震災の16年後に起きた東日本大震災では、およそ13万棟もの建物が倒壊しましたが、その原因のほとんどが津波によるものでした。

このように、多くの木造住宅は地震に対し十分な強さをもっています。

地震に備えた家づくりは、まず「耐震等級」を検討する

科学的な調査によって、東海地震や東南海地震など、近い将来大地震が起こる可能性が示唆されている現代。ぜひ地震に備えた家づくりを検討していただきたいものです。では、地震に備えた家とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

建物の地震への強さを示す「客観的な基準」として、「耐震等級」と呼ばれる基準があります。耐震等級とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称、品確法)」によって定められている等級の一つです。耐震等級には1から3まであり、それぞれ以下のように地震への強さを表しています。
等級1:震度6~7の地震に対して倒壊・崩壊しない。震度5強の地震に対して損傷しない。
等級2:等級1に対して、1.25倍の地震力に耐えることができる。
等級3:等級1に対して、1.5倍の地震力に耐えることができる。

等級1で想定している「震度6~7の地震」は、「数百年に1度起きるレベルの大地震」とされています。つまり、倒壊・崩壊はしないけれど「建物の一部が破損することはあるかもしれないが、建物が崩れて下敷きになるようなことはない」という意味です。
また、耐震等級1で保証されているのは、現在の建築基準法で求められている耐震強度でもあるのです。したがって、耐震等級2、耐震等級3は、それぞれ「建築基準法を満たしている住宅の1.25倍、1.5倍地震に強い」と言い換えることもできます。
住宅を建てるとき、まず耐震等級をいくつにするかを考えておくと、建物全体の包括的な地震対策を考えることができます。

建物の構造以外にも、使われる素材に注目

つづいて、木造住宅を形作る木以外の要素にも目を向けてみます。日本は古来より地震の多い国ですから、伝統的な家屋である木造住宅にはさまざまな「地震への備え」が取り入れられてきました。
木造住宅の屋根材として一般的な「瓦」も、まさにそのひとつ。「瓦」というと、まさに前回の記事でご質問をいただいた内容ですが、「地震が起きると揺れで落下して危ない」と考える方もいらっしゃることでしょう。ただし、古来から国内の建物において「瓦」が多く使われてきたことをひもといていくと、この「瓦」のもつ特徴のひとつである「揺れで落下しやすい」という特徴が、地震に対して有効に働くのです。

建物は、重ければ重いほど地震力の影響を受けやすくなります。大きな揺れが建物に伝わったときに屋根瓦が落下すれば、建物の上に載り建物の重心を高くしていた屋根瓦の重量が軽くなり、結果として建物の重心が下がり、同時に建物の重量が軽くなることで、建物に対する大きな揺れの力が伝わりにくくなります。

結果として「屋根瓦は破損してしまうものの、建物自体は守られる」ということになるのです。

上記は、あくまでひとつの考え方・例にしか過ぎません。ただし、このような住まいの地震対策について考えるとき、建物の構造や耐震等級ばかりに関心を向けるのでなく、使われる素材にも目を向けることが大切なこと、と考えております。

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2022年人気住宅会社ランキング

THEME RANKING

PHOTO GALLERY