無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1475 件 | ハウスメーカー 21件 | 工務店 83件 |建築家 16 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 愉しい家(5) 物と壁が動く“生活維持”収納ロボット?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 愉しい家(5) 物と壁が動く“生活維持”収納ロボット?

○今回のポイント 1 無駄な空間をなくす秘訣は間仕切り壁を取り払うこと
○今回のポイント 2 動いて収納できる間仕切りで、間取りも自由自在に変更できる

床から天井まで無駄なく活用できる家

家の中のすべての間仕切りを取って、さらにその収納自体が動いて新たな間取りをつくる?つまり今まで壁であった空間を床から天井までの収納にして無駄なスペースをまったく無くす! まさに高額な都市の住まいを無駄なく有効に住むばかりではなく、しかもその時々によって間取りが変わり空間が何通りにも使えるのです。
空間を立体的に使うのみならずさらに多重に使うのです。これで家自体を大きくすることなく悠々と住むことができるのです。

何よりもまずすべての壁を取り払って見てみるとなんと広いことでしょう。マンションの柱梁だけのラーメン構造とはまさしく骨だけのスケルトンになるのです。このスケルトンリフォームは自由なプランニングをするだけではなく可動式の壁、すなわち建具を多用し、さらにその建具自体を収納にして、しかもそれに丈夫なゴムタイヤのキャスターを付け、その家具が転ばないよう天井にもコロを付けて動かせばこれらの収納はすべて部屋の隅に追いやれるのです。

動き全てを収納することで間取りも自由自在

今までの2、3LDKが巨大な空間になるのです。もちろんすべてが動かずとも空間の大小や、本体の壁沿いをすべて収納にして集約するなどによって大きなワンルームとなるのです。

イラスト1:2LDKを自由な間取りでワンルームのように変更(画:天野彰)
<2LDKを生活維持装置で自由な間取りで広く(画:天野彰)>

さらにその真ん中に四方がベッド?やテーブルなどの生活機能を持った回転し動く家具にするとイラストのような変幻自在の間取りができるのです。

イラスト2:2LDKに生活維持装置で自由自在な間取りと全てしまえる収納ロボット(画:天野彰)
<2LDKに生活維持装置で自由自在な間取りと全てしまえる収納ロボット(画:天野彰)>

これはまさしく生命維持装置ならぬ「“生活”維持装置」なのです。これが自由にくるくると動けばこれはもはや収納ロボットなのです。

出し入れ自由な収納で書斎や客間も再現!

ま、これは私の勝手な夢ですが・・・、実際にこうした発想で収納にいろいろな機能を持たせば、そこが厚さ10cmの書斎?となり、まさに子どもならぬ“親父”デスクとなったり、家事コーナーとすればママデスクともなるのです。

イラスト3:書斎?親父デスク・ママデスク(画:天野彰)
<書斎?親父デスク・ママデスク(画:天野彰)>

ときには壁から二段ベッドが出て来て客間!?にも変貌するのです。こうして実際のリフォームで造ってもいるのです。

壁から出てくる客間?(画:天野彰)
<壁から出てくる客間?(画:天野彰)>

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回は「今の住まいをもっと愉しくしよう!」です。お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2018年人気住宅会社ランキング

PHOTO GALLERY