無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1524 件 | ハウスメーカー 24件 | 工務店 74件 |建築家 15 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 住まいの知恵(5)狭い2LDKに書斎?と家事室が??

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 住まいの知恵(5)狭い2LDKに書斎?と家事室が??

○今回のポイント 1 壁に収納できる書斎でスペースを確保
○今回のポイント 2 壁の書斎は、扉が適度に空間を区切り、環境も最適に

今の2LDKで「狭い」「狭苦しい!」と嘆いているだけでそのまま時を過ごすのは時間がもったいなく、しかも一部屋多い3LDKを探そうとすればなんと!もう1,000万円以上も高いマンションに移るか、さらに郊外のそのまた遠くに移動しなければなりません。

デジタルが進み対面対話の必要がなくなったのか?

このコロナ禍でテレワークだ、リモートだなどと郊外や田舎に住もうなどとも言われましたが・・・、時が経つにつれて作業能率?が悪かったり、対面で表情を捉えなければならない仕事だったりと、気が付けば職場に出て来なくても良い人材になっていたり、グループから存在を薄くしている人も多いようです。

デジタルだ、アバターだ、などとも言われていましたがやはり人はコミュニケーションあっての生き物で、特に子どもたちは仲間外れになりやすく、学力の低下も怖れられます。この災禍の終息を待ちつつ一気に元の生活に戻ることは間違いなさそうです。

こで改めて「狭“楽”しく住む」?

やはり職場や学校から遠くに離れられずに、なかなか思い通りにはならないようです。こうして今の2LDKで「狭い高い遠い」の汲々とした生活から放れられないのでしょうか?ではいったいどうすればいいのでしょう?

そう、狭い住まいはそのままでいかに広く住むか?を考えるのです。まさに狭“苦”しさの“苦”から逃れ、「狭“楽”しく住む」のです。

しかし「わが書斎が欲しい!」

このテレワークで住まいに自身の書斎の必要を感じた方も多いと思われます。

そこで、今のリビングのひと隅に、いや今のリビングの“壁の一面に”書斎?をつくるのです。扉を開けるとそれが机の脚となり壁となって、目隠しとなり、あまり周りを気にしなく、しかも閉めれば鍵も掛けられる書斎!です。

イラスト・写真:わが書斎?!厚さ10cmの「オヤジデスク」(画・写真:天野彰)
<左:イラスト1 わが書斎?!厚さ10cmの「オヤジデスク」(画:天野彰)>
<右:写真1 「オヤジデスク」施工例(写真:天野彰)>

なんだ?!ただのライティングビューロ-じゃないか!と思われそうですが、まさにオヤジだけの空間となる?のです。閉めればIT機器も重要書類も安全に閉じられる「オヤジデスク」です。

わたしも家事室が欲しい!

ハイハイ、夫婦仲よくリビングの壁に奥様の家事室もつくります。こちらも閉じればただのクロゼットドアのようですが、ひとたび扉を開けるとミシンやアイロン台も出てきて奥様の化粧台にもなるのです。作業途中であってもそのまま押し込めて子どもたちにも危なくないよう鍵も掛けられるのです。そうこちらは「ママデスク」です。

イラスト:わたしの家事室?!厚さ10cmの「ママデスク」(画・写真:天野彰)
<イラスト:わたしの家事室?!厚さ10cmの「ママデスク」(画:天野彰)>

こんな子ども騙しのようなものが書斎や家事室のはずがない!と思われそうですが・・・、果たして、その建て主方は、両サイド扉が目隠しとなり不思議に「わが空間が出来た」と言うのです。実際に多くの家やリフォームでこの“書斎”や“家事室”をつくりましたが、多くの方が「案外落ち着く。夏や冬などリビングの中なので効きにくいエアコンも必要なく快適。しかも家族の近くに居られて安心」と仰るのです。

写真:2DKのハッチが開いて書斎?(写真:天野彰)
<写真:2DKのハッチが開いて書斎?(写真:天野彰)>

実は筆者自身も狭い2DKのハッチにこの“書斎”をつくりここで子どもたちとプラモデルをつくったり、著書を何冊も書いたりもしたのです。

次回は、さらに狭いわが家に“和室”や“客間”が???です。

 *********************************************************

★隔週最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ