無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1500 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 68件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOME注文住宅のハウスネットギャラリー
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 対面キッチンのメリット・デメリット!アイランドやペニンシュラなど種類もたくさんの人気キッチンを解説!

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社対面キッチンのメリット・デメリット!アイランドやペニンシュラなど種類もたくさんの人気キッチンを解説!

はるか昔は外で炊事を行い、そこから屋内の土間へ、さらに床の間へキッチンは移動しました。少し前まではキッチンは「隠す」のが当たり前の時代もありました。日本は世界の中でも、手間をかけて料理をする文化があり、キッチンにいる時間も長い中で、生活スタイルの変化に合わせて発展したのが現在の「対面キッチン」。今では当たり前になった「対面キッチン」にも、さまざまな種類があります。
今回は、そんな「対面キッチン」のメリットやデメリット、どのような種類があるのかについて簡単にまとめます。

対面キッチンの解説。万人に使いやすい対面キッチンも魅力とは?

対面キッチンとは?

対面キッチン(オープンキッチン)とは、リビングやダイニングに対面する形で作業できる開放的なキッチンを指します。家族やゲストと「会話しながら」「テレビを見ながら」、何かを楽しみながら料理や片付けができる点が人気。家族とのコミュニケーションの取りやすさ、機能性とともに実用的な点から、対面キッチンを選ぶご家庭も増えています。

キッチンの間取りは、大きく以下の3つに分かれます。
1.オープンキッチン
2.クローズドキッチン(独立型キッチン)
3.セミオープンキッチン(セミクローズドキッチン)

キッチンの配置を決めるにあたり、それぞれのキッチンの特徴を理解しておくことが重要です。

キッチンレイアウトはオープン・クローズド・セミオープンの大きく分けると3つ。

1.オープンキッチン

オープンキッチンは、リビングダイニングとキッチンの間を壁などで遮りません。よって、開放感があるキッチンとなります。

キッチンを壁などで遮らないことから開放感が高まるだけでなく、キッチンに居てもリビングにいる家族ともコミュニケーションが取りやすくなります。ただし、オープンキッチンを設置するには、余裕をもったある程度の広さが必要です。

2.クローズドキッチン(独立型キッチン)

クローズドキッチン(独立型キッチン)とは、キッチンがダイニングや他の部屋と壁などによって独立させた配置にしています。クローズドキッチンは、オープンキッチンと違い調理の煙やニオイが 他の部屋に広がらないという大きなメリットがあります。
ただ、オープンキッチンと比較すると、キッチンが壁などによって独立しているため開放感はありません。

3.セミオープンキッチン(セミクローズドキッチン)

セミオープンキッチンは、オープンキッチンとクローズドキッチンのどちらの良さも併せ持っています。
家族とコミュニケーションができる開放感を確保しつつ、一部を吊戸棚で仕切っているキッチンです。オープンキッチンよりは、収納もしっかり確保できるタイプです。

対面キッチンは、キッチンの向きがリビングやダイニングに向いているものの総称のことなので、「オープン」か「セミオープン」の間取りの場合に取り入れることができます。

対面キッチンのメリット

対面キッチンのメリット

対面キッチン(オープンキッチン)は独立型キッチン(クローズドキッチン)と比較すると開" width="100%">放性が高く、リビングやダイニングと一体となった空間になります。キッチン前部にカウンターを設置すれば、テーブルカウンターのように使うこともできます。
一方、独立型キッチン(クローズドキッチン)は作業中の視線が壁に向くため、作業に集中しやすいのが魅力ですが、閉鎖的な空間になるので空間が狭く感じる方もいらっしゃいます。

以下が対面キッチンのメリットです。

・料理中も家族とコミュニケーションがとれる

対面キッチンはキッチンに立つ人の視線がリビング側に向くように設置されます。
料理中もリビングやダイニングにいる人とコミュニケーションが取りやすいのがメリット。

・子供の様子を見ながら調理ができる

対面キッチンはリビングから目を離さずに済みます。小さなお子さまがいる家庭では、調理中もお子様の様子が確認できます。緊急時にもすぐに対処できるので安心感も得られます。

・リビングやダイニング全体の開放感につながる・

対面キッチン(オープンキッチン)は、キッチンとリビングやダイニングと一体となった空間。開放感のある空間なので、広々とした印象になります。

対面キッチンのデメリット

対面キッチン(オープンキッチン)は開放性が高いことによるデメリットもあります。

対面キッチンのデメリット

・水ハネや油ハネで汚れや匂いが気になる

対面キッチン(オープンキッチン)では開放的なスペースで調理をするため、どうしてもリビングやダイニングにニオイや煙が広がってしまいます。調理内容によっては、換気扇を回してもニオイや煙も解消できないことも少なくありません。カーテンやソファなどのインテリアやエアコンに、油のニオイが染み付いてしまうこともあります。
対面キッチン(オープンキッチン)にするなら、ダイニングとリビングの消臭対策と定期的なキッチンの掃除、こまめなエアコンクリーニング(できれば1年毎)が求められるでしょう。

・広い間取りが必要

対面キッチン(オープンキッチン)を設置する際には、「収納スペース」と「通路スペース」を確保することが重要。その理由は、対面キッチン(オープンキッチン)を横幅と奥行きともに大きなキッチンであることからきています。
フルフラットの対面型キッチンでは、カウンタートップの大きさが奥行き1m前後、幅は2.5m~のカウンター寸法が主流です。ダイニング側からも作業がしやすいように、通常のキッチンよりも奥行きを増やす必要があります。
また、壁や仕切りなどがないのでキッチン用品などを隠すことができません。常に整理整頓を意識する必要があります。

・調理の音が気になる

対面キッチン(オープンキッチン)は、調理中や片付け中の音を遮るものがありません。特に片付けの際、食器を重ねる音や鍋やフライパンを洗うときの音は意外に大きなもの。家族がくつろいでいるときに、片付けのガチッガチャした音は案外気になるものです。

対面キッチンの種類

対面キッチン(オープンキッチン)はキッチンのレイアウトによって、いくつかの種類に分かれます。

5種類の対面キッチンについて

1.ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチン事例:「洗濯はかどる日光と木があたたかい家」無垢スタイル建築設計
ペニンシュラキッチン事例:「洗濯はかどる日光と木があたたかい家」無垢スタイル建築設計株式会社

ペニンシュラキッチンとは、キッチンの左右どちらかが壁に接している形です。
突き出したカウンターが半島(ペニンシュラ)のようになっていることから、「ペニンシュラキッチン」と名付けられました。

2.アイランドキッチン

アイランドキッチン事例:「家族の繋がりを深めるスマートハウス」トヨタホーム東京株式会社
アイランドキッチン事例:「家族の繋がりを深めるスマートハウス」トヨタホーム東京株式会社

アイランドキッチンは、カウンターが独立した島のように設置されています。キッチンの四方が壁に接していないことから開放的なキッチンとなり、左右どちら側からも移動、回遊することができます。

3.I型対面キッチン

I型対面キッチン事例:「アーバンモダンの高性能住宅」YAZAWA LUMBER
I型対面キッチン事例:「アーバンモダンの高性能住宅」株式会社YAZAWA LUMBER

I型対面キッチンは通称セミオープンキッチンと言われ、一般的な住宅でよく使われているキッチンレイアウトです。シンプルなI型キッチンは、サイズがコンパクトで作業動線に無駄がなく、設置場所の制約はそう大きくありません。また比較的安価な壁付けキッチンと同じものを使えることもメリットのひとつ。腰壁対面式I型キッチンでは他のペニンシュラキッチンやアイランドキッチンと違い、キッチンの前面部にカウンターを設置するため、手元を隠すことができるのも特徴の1つです。

4.セパレートキッチン

セパレートキッチン事例:「暮らしを楽しむ贅沢」住友林業株式会社
セパレートキッチン事例:「暮らしを楽しむ贅沢」住友林業株式会社

セパレートキッチンの一番の特徴は、シンクとコンロの場所が1ヶ所にまとまっていないこと。キッチン台は2つあり、片方でコンロを、もう片方ではシンクを使えます。作業台はシンク側でするのが通常ですが、コンロ横も作業台にすることも可能です。このように広々と使えるスペースを確保しているのがセパレートキッチンです。一般的にはシンクと作業台の部分は壁から離れていますが、アイランドキッチンとは全く異なります。壁側にはコンロと作業台を設置します。
つまり、I型キッチンとアイランドキッチン両方の良さを兼ね備えたようなキッチンです。

5.U型キッチン

U型キッチン事例:「庭との繋がりを大切にした省エネ住宅」ken-ken 有限会社 一級建築士設計事務所
U型キッチン事例:「庭との繋がりを大切にした省エネ住宅」ken-ken inc.,

「U型キッチン」はシンク・コンロ・冷蔵庫をU字型に配置したレイアウトです。
キッチン空間は独立したスペースになり、たくさんの収納を設けられます。U型キッチンは作業スペースも収納スペースも広くとれるので、効率的に料理ができます。ただし、通路が袋小路となるため通路幅がないと動線が悪くなる場合もあります。

「キッチンにこだわって注文住宅を建てたい」など、さまざまな要望整理の仕方や優先順位の決め方に迷った時は、住宅のプロに相談してみてはいかがでしょうか。業界経験豊富なプロがアドバイスさせていただきます。ご希望の方は、こちらからどうぞ。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。

CATEGORIES

絶対に後悔・失敗しないためのハウス仲人

2024年人気住宅会社ランキング

THEME RANKING

PHOTO GALLERY