無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1521 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 74件 |建築家 15 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 地震のリスク(3)防災から減災の発想?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 地震のリスク(3)防災から減災の発想?

○今回のポイント 1 歴史的な五重塔から「柔構造」に注目
○今回のポイント 2 バランスの良い壁の配置と補強が重要
○今回のポイント 3 防災よりも減災を意識した、柔軟な空間づくり

伝統建築の“やわら”の“いなす技”は防災にも言えます

“人と街”との防災も、「グラッと来たら火を消す!」から「まず身を守る」と、人の命が第一優先へと変わり、災害を“いなし”“かわす”「柔の減災」と言えます。既に警鐘されている南海トラフのメガ地震でも付近の地底深くの圧力測定をして、広範の歪の測定から合理的な予測で避難に役立てようとしているのです。

何が起こるか想定できない今日ですが、災害は止めることはできなくてもあり得る事象を想像して、それを“いなして”命を守ることも「減災」と言えます。

まずはわが家が防災の一役を。

あの木造の高層の五重塔などは中心の芯柱がすべての層の桁材をバランスよく受け止め、引いて風や地震の衝撃を八方に分散し建物全体で吸収して各部材の負担を軽減しているのです。これこそ世界が注目する“やわら”の「柔構造」と言えるのです。
一軒一軒の家が耐震補強することは都市防災にも役立ちます。それにはバランスの良い壁の配置と補強で、まさしく壁自体のパワーを持たせるのです。それこそ柱と梁の間をベニヤ板で釘か接着剤で貼り付け粘りを持たせるのです。あの2×4(ツーバイフォー)の利点を活かし、なおかつ在来の柱梁による軸組で耐久性もより高くするのです。

リフォームの際、今の内外の壁をはがす時にベニヤ板やボードをこの柱と柱、土台と梁(はり)の間に多くの釘で打ち付けるだけで、割安で筋交いの倍ほども強くなり、ベニヤ板だけのツーバイフォーよりも住みやすく快適で耐久性もよくなるのです。

イラスト1:無筋の基礎の周りにもう一重の鉄筋の基礎をつくる(画:天野彰)
<イラスト1:無筋の基礎の周りにもう一重の鉄筋の基礎をつくる(画:天野彰)>

さらに足回りが心配なら従来の無筋であった基礎の外側にぐるりと鉄筋入りの二重の基礎を造って家を取り囲み外郭をがっちり固めるのです。この“ベニヤ板の耐震補強”は家一軒で二十枚ほど、わずか4・50万円の費用で大地震に生き残れるはずです。が、なぜか実際のリフォーム現場ではシステムキッチンやインテリアなどが優先されてしまうのです。せっかくの快適リフォームをしても命取りにならないように、できる限りの耐震補強に費用を充てたいものです。

津波をやり過ごす創造的街づくりとは

さあ、あの巨大津波の大災害にもめげず、悲観的に考えないで、長い人生、家づくりはいかなる災害にもめげない安全で快適で、しかも積極的に“活きる”ための家づくり街づくりを“想像”し創造するのです。

日本では沿岸部に巨大な防潮堤が建設され高台移転も進んでいますが…。もともと沿岸に住む人たちは古来海と共に生き、津波などの被害を想定して高台への避難などを考えて来ました。その基本思想が失われ、街づくりが問題となっています。私どもは災害直後、そうした巨大津波にも耐えうる、いざとなったら車両や漁船や器材とともに逃げ込める円型のコロニーづくり(イラスト:中国永定にある客家〈はっか〉の土楼)のような、全周防潮堤の緊急避難施設と10メートルほどの津波ならやり過ごせる堅固な橋梁の上の街などをNHKTVで提案もしているのです。

イラスト2:中国永定の客家の土楼のように逃げ込む。波をやり過ごすスカイシップの街 高所避難所でもある 2011年「建築再生展」での東日本復興のアイデアコンテスト提案例。同年5月NHK放送(画:天野彰)
<イラスト2:中国永定の客家の土楼のように逃げ込む。波をやり過ごすスカイシップの街 高所避難所でもある 2011年「建築再生展」での東日本復興のアイデアコンテスト提案例。同年5月NHK放送(画:天野彰)(画:天野彰)>

こうして景観や環境を損ね、漁業にも支障を与えかねない、受けて立つ巨大な堤防をつくる防災よりも、円型の擁壁や舟形のピアは波の打ち返しをやり過ごすだけで、抵抗も少なくはるかに低予算でしかも人々は今まで通りその沿岸のその場所に住め、街が活性化すると思うのです。これこそが減災なのです。

次回も…オオカミ少年?ではないですが、「減災」の心得をもう一つ。

 *********************************************************

★隔週最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ