無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1521 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 74件 |建築家 15 件 | リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 地震のリスク(2)伝統木造に学ぶ「やわら」の耐震と減築?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 地震のリスク(2)伝統木造に学ぶ「やわら」の耐震と減築?

○今回のポイント 1 昔ながらの木造は、持続性を考慮して様々な環境の変化に対応できるつくり
○今回のポイント 2 柱や筋交いなど「柔軟性」が非常に重要

まずは今の家を「減築」する

「わが生涯で起こり得るこうした事件や変化に対し、あらゆる想定をして思い切った『家の改革』に臨みましょう。大きな家は思い切って『減築』 し、縮めて風通しのよい家にして、余った空間を人に貸し、駐車場にして老後の糧(かて)にもするのです!」

2階を取り去るなど家自体を軽くすれば安心ですし、耐震強化もしやすくなります。これは、東日本大震災直後の混乱の中で書いた私の文章です。

直下型の地震に備えるには“吸震”効果?

阪神・淡路大震災などの突き上げるような直下型の揺れや、熊本地震では震度7の揺れが2度たて続けて起こり、多くの建物が耐えきれず倒壊した。

写真1:東日本大震災で津波にも持ち堪えた木造伝統建築(仙台沿岸部写真:天野彰)
<写真1:東日本大震災で津波にも持ち堪えた木造伝統建築(仙台沿岸部写真:天野彰)>

しかし同様の揺れでも、積雪の多い新潟中越地震では倒壊した家は少なく、東日本大震災の津波でも仙台沿岸平野部では、流失物の衝撃で破壊されるも骨太の軸組木造は軋みと粘りで踏ん張った。衝撃を和らげる木組みの柔軟性と思えた。

写真2:阪神・淡路震災以降直下型の応力をゴム幕で吸震測定開発研究(写真:天野彰)
<写真2:阪神・淡路震災以降直下型の応力をゴム幕で吸震測定開発研究(写真:天野彰)>

筆者自身、災害時の応力や想定外の事象を想像し臆病となり、計算値だけでなく素材や組み方も気になり、筋交いの矛盾する破壊などを見て、スパン内をゴム幕など柔軟な“吸震”効果を企業と検証し、今日で言う「制震ダンパー」などを試みたのです。

伝統木造の「仕口」の柔軟性と“見える楔(くさび)”の安心と持続性!

そんな中、あの多くの人を乗せて街中を優雅に練り歩く祇園祭の山鉾が縄だけで縛った仕口の技でしなやかに動くことに驚きました。しかも各部材をばらして保管しいつまでも使用できるのです。

写真3:祇園祭練りぎしぎし優雅に歩く山鉾と縄の縛り仕口(写真:天野彰)
<写真3:祇園祭練りぎしぎし優雅に歩く山鉾と縄の縛り仕口(写真:天野彰)>

改めて地震や風、積雪などの衝撃を仕口の軋みで柔軟に和らげる木組みの「縄組架構」です。互いの材を縄で縛り柔軟に撓(しな)う白川郷の合掌造りは大雪や強風に300年も耐えてきた、持続可能性も考慮しているのです。

写真4:白川郷合掌造り木組みの「縄組架構」(写真:天野彰)
<写真4:白川郷合掌造り木組みの「縄組架構」(写真:天野彰)>

さらに日本の伝統建築の合理的な耐震技術に驚かされます。あの清水寺の懸崖構造など、巨大な寺院の架構も無数の「仕口」のアローワンス(隙間)で揺れと歪みを柔軟に吸収し、経年変化に対しても各仕口の無数の楔(くさび)で調整することもできるのです。

写真5:清水寺懸崖架構の無数のくさびアローワンス(写真:天野彰)
<写真5:清水寺懸崖架構の無数のくさびアローワンス(写真:天野彰)>

雪の多い秋田など多雪地の民家も室内から“見える楔”でいつでも金槌で叩いて調整ができるのです。

現代建築の仕口や柱と梁の筋交いを柔軟にする

木造の木と木の組み合わせによる仕口はその素材に柔軟性があります。その補強としての筋交いもあるのですが、太過ぎる筋交いで梁が押し上げられてかえって破壊してしまうこともあるのです。柱材の阪割り以下か半割りほどがかえって撓(しな)って筋交いの役を果たすのです。ここにも柔の技があるのです。

これを現代では鉄筋コンクリート造などの梁間に斜に取り付け補強し、さらには制震ダンパーを取り付け地震時には収縮し、応力を吸収するのです。

写真6:合板で柱梁間裏打ち補強と吸震効果(當光寺耐震改修:設計アトリエ4A)
<写真6:合板で柱梁間裏打ち補強と吸震効果(當光寺耐震改修:設計アトリエ4A)>

木造建築の耐震強化ではリフォームの際に室内側から12か16㎜厚の合板で裏打ちすると工費も安く補強と吸震効果も期待できるのです。

この原稿を書いている最中にも地震があり揺れています。「灯火親しむ・・・」候ですが、もすこし耐震対策「防災から減災」のお話をしましょう。

 *********************************************************

★隔週最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ