無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1524 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 68件 |建築家 11 件 | リノベーション

  1. HOME注文住宅のハウスネットギャラリー
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「オレの部屋」「アタシの部屋」の所有権を与えず“貸す”?!勉強好きにする創造空間!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「オレの部屋」「アタシの部屋」の所有権を与えず“貸す”?!勉強好きにする創造空間!

1 勉強好きにする創造空間「みんなの書斎」?!

最近は親子や夫婦までがメールでことを済ませ、密度の濃いリアルでアナログな会話が減少しているとも言えるのです。このような中で、住まいは親子が濃密なコミュニケーションを取れる場所にしなければなりません。特に子育ての最中の夫婦は双方が一緒に接する機会をできるだけ多くつくる必要があるのです。それを広く設備が整った快適な子ども部屋を与えてはさらに触れ合う時間は少なくなります。やはり子ども部屋は最小限のスペースにして家族のLDKこそ広く快適にすることです。

子ども部屋が快適で居心地がよければ子どもは家に帰っても家族の居るリビングにはなかなか出てきません。玄関からそのまま子ども部屋に直行して、まるで親の家に住む“下宿人”のようになってしまいます。一日中部屋で過ごすようになるのです。共働きでただでさえ親たちも忙しく、家族が顔を会わせる時間も減って親子や兄弟との会話も無くなってしまいます。

このコラムで何度もお話しするように、子ども部屋は子どもたちが着替えたり、寝るためだけの部屋とし、最小限の広さとするのです。立体子ども部屋も勉強机を子ども部屋から出してさらに限界まで縮めるのです。その外側に二つの机を置くとそこに父親の書斎デスクも置けます。これはまさしく親子の書斎コーナーです。ここでは子どもたちにいろいろ教えてやることもできます。

立体子ども部屋の前に親子書斎コーナー(画:天野彰)
立体子ども部屋の前に親子書斎コーナー(画:天野彰)

この子ども部屋から浮いた面積分をリビングやダイニングキッチンなどに足して少しでも広く快適にするのです。その広くなったリビングダイニングに書斎コーナーのような場所をつくります。これはまさしく家族全員の書斎で、パソコンコーナーなどにして家族が並んで勉強や家事をしたり、あるいは大きなテーブルを囲んで一緒に勉強したりするのもよいのです。こうして魅力的で楽しいリビングダイニングはいつも家族が居て、引きこもりの子ども部屋などにはならないのです。

リビングダイニングを家族全員の書斎コーナーに(画:天野彰)
リビングダイニングを家族全員の書斎コーナーに(画:天野彰)

何でもテーブルカウンター(天野彰)
何でもテーブルカウンター(天野彰)

2 「オレの部屋」「アタシの部屋」の所有権を与えず“貸す”?!

肝心なことはその子ども部屋の与え方です。ドアで締め切られる快適な部屋にしないことですが、新築やリフォームの際図面上に子ども部屋とは描かず、父親の“書斎”やお母さんの“アトリエ”とするのです。その部屋を子どもたちが成長するまで子ども部屋として“貸す”と言う姿勢です。これは、家は親のものであってその一部を子に“貸している”と言う意識が大切と言うことです。

私が折あるごとにこう話すと、親御さんたちは「私もそのようにしているが」とか、「そこまで冷たくは」とか、中には「子どものために建てる」などと、子を思うその意見の多さに驚きもしました。

そこで、すでに子どもたちに各個室を与えてしまっている場合でも“貸す”姿勢に戻すことや、子どもたちとさらなる“交流を取り戻す”ことも出来るのです。夏休みや年度の始まりを機に気分を一新、出来れば模様替えなどで、毎年ごとに彼らの部屋を交換させる提案をするのです。これが受け入れられれば子ども部屋の大掃除ができると同時に“所有権”もなくなり「オレの部屋」「アタシの部屋」とはならないのです。

中学生の後半まで毎年部屋の交換をする(天野彰)
中学生の後半まで毎年部屋の交換をする(天野彰)

3 子ども部屋の机の配置一つで変わる親子関係?!

どうしても部屋の交代が難しいようであれば、彼らの部屋の中のレイアウトの変更を提案します。それこそ机の配置一つで家族との交流が深まるのです。窓際、つまり家の中から外を向いた机の配置にせず、イラストのように部屋のドアを開けた壁際に置き替えるのです。

窓を向いていた机を入り口際の壁に向ける(画:天野彰)
窓を向いていた机を入り口際の壁に向ける(画:天野彰)

さあ、これでどうでしょう。子どもの机は家族の一番近いところに向き、ドアを開けた途端「こんにちは」と言う位置関係になります。

子どもは窓の外に気を取られることなく勉強に集中できます。また親子が疑心暗鬼にもならずに済むのです。
できれば入り口のドアも常に開け放しができるように外開きではなく、内開きか引き戸にでも改造できればこのドアは常に開いたままとなるのです。

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ

CATEGORIES

絶対に後悔・失敗しないためのハウス仲人

2024年人気住宅会社ランキング

THEME RANKING

PHOTO GALLERY