無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1483 件 | ハウスメーカー 21件 | 工務店 84件 |建築家 16 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. ホームインスペクションの注意点~雨漏れ

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センターホームインスペクションの注意点~雨漏れ

新築住宅でも既存(中古)住宅でも、瑕疵(かし=隠れた欠陥)のワースト1位は雨漏れです。

雨漏れはホームインスペクションで防げる

統計を取った訳ではありませんが、住宅瑕疵保険の保険金支払案件の80%程度が雨漏れだと思われます。ということは、裏を返せば雨漏れを防ぐことができれば大抵の瑕疵はなくなるということです。

新築住宅では施工ミスによる雨漏れが多いので、建築中のインスペクションで屋根や外壁・バルコニー回り・サッシ回りの防水を重点的に診断します。また無理な設計による納まりの難しい箇所も注意が必要です。

一方、既存住宅では防水部分の劣化を放置したことが原因と考えられる雨漏れが多く見られます。
住宅は、定期的にメンテナンスすることが大切です。特に認定長期優良住宅では、維持保全計画に従ってきちんとメンテナンスし、その履歴を保存することが義務付けられています。維持保全計画に基づくメンテナンス、ならびにメンテナンス履歴の保存を実施しない場合、30万円以下の罰金や認定を取り消されることがあります。

ホームインスペクションにより雨漏れを発見した場合、原因箇所を特定したい場合は、二次的インスペクションを実施します。(通常は別料金)
具体的には、水かけ試験を行って赤外線サーモグラフィを使い壁の内部を伝う水を発見します。この検査によって、大抵の雨漏れは解決することができますが、費用がかかることから目視による調査で済ませてしまうことが多いようです。
これでは、二度三度と雨漏れを繰り返すことになり、入居者の不満も増幅してしまいます。

雨漏れ解決のためには、以下2点のインスペクションを行うことををお勧めします。

(1)新築中のホームインスペクションの実施
(2)費用がかかっても二次的インスペクションの実施

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
    ■住宅相談センター  フリーダイヤル 0120-756-365
     名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
     https://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html
     オフィシャルサイト

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。

CATEGORIES

お家らくらく紹介サービス ハウス仲人(なこうど)

2018年人気住宅会社ランキング

PHOTO GALLERY