無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1484 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?

○今回のポイント 1 最初はから「家相」は気にせず、まずは希望のプランづくりからはじめる
○今回のポイント 2 陽当たりと風通しを大切にした家づくりが重要

家づくりでは普段占いや年回りなど、縁起にまったく興味のない人が突然「鬼門は大丈夫?」などと家相を気にされることが多いのです。
いい家のプランを考えるとき玄関や水回りなどの位置を決める際あれこれ迷ったり決断をするときに、なぜか家族や親友などの意見や家相についての体験談などが脳裏に浮かんで気が付いたら「家相の本」を買ってきたりするのです。

生涯に幾度ともない大きな買い物であり、一度決めたらこの先何年も住むことになりやはり緊張と不安に駆られることが多いのです。

建築家や施工会社に依頼する前に、少しだけ「鬼門」を気にして要望をまとめる

これまでお話したとおり、まずは自分の住みたいように家族とプランを模索して考え、それをもとに鬼門などの障りがあるところを少し調整するようにするだけでいいのです。その上で正式な実施設計図を専門家につくってもらえばいいのです。これをせずにすべての設計図を書いて見積もりまで取った後に家相のために大幅な変更をすることは大変です。

さらには住んでいて人に言われたり、何か家族に異変でもあり始めて家相が悪いのでは?と思うことの方が辛いものがあります。

実際にそんな理由でリフォーム相談を受けることも多いのです。不思議なものでそうした家のプランを見るとなるほどこれは問題だと思うことも多いのです。家に行ってみるとなぜか暗く風通しも悪い家が多いのも驚きです。
鬼門など家相を気にするとますます不安になり、そんな気分になってしまうのです。しかし実際のプランニングで鬼門などあらゆる家相上の障りをはじめから気にするとまともなプランなどできません。

陽当たり、風通しが抜群な家相の気にならない家

こんなことからまったく家相のさわりのない家を考えたこともあるのです。まずはその模型の写真をご覧になればお分かりのとおり丸い建物でしかも回転をするのです。なるほど家相などまったく気にもなりません。しかも全方向が開放的なガラスの家で前室日当たりもよく、夜になると地下に沈んで行くので安心です。残念ながらまだこの家を実際に建てたことはありませんが、そもそもが地震や台風などの災害に備えたものですがこうした自由な発想を持って家を生活優先で考えていただきたいものです。

鬼門のない回転する?(画:天野彰)
<鬼門のない回転する?(画:天野彰)>

ま、これほどの「絶対方位」の家ではありませんが家相を気にされる家族のために図のようなプランの家を実際に建てました。まさに「ひまわりの家」と名づけたのですが、あらゆる家相をクリアし、どの部屋も陽当たりや風通しもよくまさしく向日葵のような家となったのです。実際に芸術家である家人からは住みやすく気に居られているようなのです。

ひまわりの家プランと写真(三重県津市  設計:アトリエ4A)
<ひまわりの家プランと写真(三重県津市  設計:アトリエ4A)>

次回からは「いくつになっても住める家」のお話しです。今週発売の「日経ビジネス」誌にもこのようなお話しをしています。ご覧くだされば幸いです。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ