無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1476 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 50代で家を建てるメリット

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社50代で家を建てるメリット

ここ最近、50代の方から以下のようなご相談をいただくことが多くなっています。
○両親が高齢のため、老人ホームへ入るので、空いてしまう実家をどうすべきか。建て替えするか、リフォームするか、売却するか悩んでいる。
○子供も独立し、高齢の両親のことも考え実家へ移り住むことを検討している。ところが実家はかなりの築年数が経っているため、建て替えるにあたり、どの位の費用がかかるか不安。

50代で家を建てることは、人生後半における大きなイベント。ご自身の老後も考え、実家をどうするか真剣に考える方が増えているようです。
そこで、今回は、そんな50代からのご実家の対処法について簡単にご紹介しましょう。

「建て替え」を選択した場合、そのメリット・デメリット

前提条件として、理想の家を建てるには、想像以上に時間・労力を費やします。住宅展示場で見た素敵な家は、ハウスメーカーの営業担当者に任せておけば希望どおりの家が建っているわけではありません。家を建てる人が詳細を確認し、選択しなければならないことが、数多くあるのです。
途中で投げやりにならないためには、マイホームの必要性、目標・目的をあらためて確認しながら強い意志をもって計画に向き合うことか大切です。

さらに、50代で家を建てることは、人生後半における大きなイベント。独立した子供との同居や、実家の建て替えや売却、自分自身の施設入居も検討する時期まで約30年。その30年を快適に暮らすために、考えておかなければならないことがあります。

50代で家を建てるメリット

○小さな家でも必要十分な広さを確保できる
子供が独立することで、家族構成が長期間変わらないと想定できます。泊まりに来ることを想定するだけなので、基本は夫婦二人で必要な面積を確保すれば済みます。

○光熱費の減少
家族構成がコンパクトになり、小さな家になるので、光熱費は下がります。また、家を建て替えたり住み替えたりすることで、高性能な住宅に住めることから、さらに光熱費の圧縮が期待できます。

○長期間にわたり安定したライフスタイルが維持できる
50代でも後半になると、自分自身の趣味嗜好も固まり、子育ても終えることから、安定したライフスタイルになります。日々の生活も、定年まで変わらない日々が続き、定年後は地域活動や再就職後の新しい職場などの生活になります。
つまり、子育て期間中とは異なり日々の生活を変化させる必要がなくなることから、自分たちの使い勝手や好みにあわせた暮らし方でのゾーニングと間取りを設計することができます。

しかし、50代から実家を建て替えるにあたっては、潜在的に大きなリスクが伴います。次回は50代から実家を建て替えるにあたってのリスク(デメリット)を解説します。

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。